読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

長尾智子の料理1, 2, 3

長尾智子の料理1, 2, 3

長尾智子の料理1, 2, 3

作家
長尾智子
木村拓哉
出版社
暮しの手帖社
発売日
2012-12-19
ISBN
9784766001808
amazonで購入する

長尾智子の料理1, 2, 3 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アズル

ずっと気になっていて、ブックオフで少し安かったので買いました。表紙のポタージュの写真から、「この人は、おばあさんかもしれない」と勝手に思い込んでいました。おばあさんではない様子。手の込んだ料理は、やっぱり毎日作れないから、簡単でも元気になる、ちょっとした料理を作るのが肝心だと思いました。なぜか、恋人にもっと美味しいご飯を食べさせたくなりました。

2015/08/31

野のこ

料理をするときシャキッと背筋を伸ばして向き合える、教科書のような本でした。お助けマン卵や何かと酸っぱい料理はうちと同じだったので嬉しかったです。オリーブオイルは万能。新鮮な野菜にオリーブオイルと塩だけで美味しい。長尾さんによく出てくるヨーグルトアイスクリームの白いデザートも出てた♡二種類のお酢を使う、いろんなスパイスを試すはやってみたいです。そして毎日のささやかな「おいしいむら」を目指す。料理は楽しいけど失敗したらへこむので、失敗をも新しい料理に変化して自分らしく楽しみたいな。

2017/04/11

アズル

ここ最近、疲れているなぁと思っていたので、この本を読みました。心を養生する感じ。自分にとっての料理作りをもう一度、考え直すきっかけになりました。長尾さんとお茶をしながら、いろいろなお話をしていただいたような気がします。

2019/02/27

きりぱい

食べることや料理することについて思うことをつらつら書いてみたという感じのエッセイ。写真も白黒で少ないし、レシピがたくさん出てくるわけでもないのに、落ち着いた語り口に、あのシンプルで創造的な料理やお菓子はこうやって作られてきたのだなあ、とぼ~っと読み入ってしまう。グレープフルーツ風味のチキンソテーや、直火で焼いてぷくっと膨らませるナンのような薄焼きパンが気になる。スイートシスターズの話もいい。子供の頃の洋菓子体験として、今でも本を開き理想のお菓子と言う洋菓子家(多分本間三千代さんだと思う)の本を見てみたい。

2013/02/08

ちいさな図書館

ご飯への姿勢が、厳し過ぎず、こうしたら美味しいし楽しくなるよ、という感じなのがすごくすごく良かった。押し付けがましいところがなくて、自然体で。また読み返すリスト入りです。

2013/05/18

感想・レビューをもっと見る