読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

氷石 (くもんの児童文学)

氷石 (くもんの児童文学)

氷石 (くもんの児童文学)

作家
久保田 香里
飯野和好
出版社
くもん出版
発売日
2008-01-01
ISBN
9784774313634
amazonで購入する

氷石 (くもんの児童文学) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

天然痘が猛威を振るう奈良の都。母を亡くし、唐に渡ったまま帰らぬ父に怒り、荒んだ心を抱えながらも必死に生きる少年が主人公。ある少女との出会いや施薬院での日々が、少年に生きる光を与える。学びたいという思いは父から受け継いだ血であり、希望の象徴でもあるだろう。病の恐怖、施薬院の人々の献身が、コロナ禍の今とても身にしみる。

2021/03/08

真理そら

藤原4兄弟を全滅させるほど天然痘が猛威を振るった天平9年の夏、父は役人として遣唐使船で唐に行ったきり4年も帰ってこない、その間に父の兄弟の家を追い出された主人公・千広と母。母も天然痘で失ってしまった千広は唐に自分の意志で残ってしまった父への反発や世間への反発を持ちながらもたくましく市で生きている。人生に絶望している少年が宿奈やあとに出会って自分の中の純粋なものを取り戻していく過程を描いた児童書。あと(安都)の一途さが主人公やヒロインをしのぐ存在感がある。『火定(澤田瞳子)』と同時代を描いている。

2020/08/26

izw

奈良時代、天平9年(737年)、天然痘が猛威を振い、施薬院が建てられ、遣唐使として命懸けで中国に出かけた時代の平城京が舞台です。少年の両親を始め、周囲の人々への思い、一人の少女に対する思い、平城京での生活、施薬院の様子などが生き生きの描かれていて、一気に読んでしまいました。解説の人が書いている20年後を舞台する続巻が是非読みたい、と思う素晴らしい作品です。

2016/09/04

おはなし会 芽ぶっく 

自分記録用 『あなたもブックトーク 第7章 わたしの特選ブックトーク テーマ きっかけは』氷石を読んで。『あらしのよるに』→『フクロウはだれの名を呼ぶ』→『両手ばんざいのまねきねこ』→『世界を変えた科学者 ニュートン』→『ぼくだってアインシュタイン1 月とリンゴの法則』→『シャボン玉は生きている』→『氷石』→『1000の風1000のチェロ』 『司書と先生がつくる学校図書館』より6年生向け。

2020/04/08

綾乃

図書館「小学校5・6年生 夏休みオススメ」コーナーにて発見。奈良の光明皇后の施薬院があった時代の少年・少女のお話です。小学生向けとはいえ、痘瘡が発生する奈良の都の描写がなんともつらい。そんな中、トゲトゲしく頑張っていた主人公が少しづつ成長していくさまがいとおしいのです。奈良時代において、宮廷や政治ではなく一般の人々の生活、市の様子や木簡や薬草といったアイテムがたくさん記載されるのもワクワクします。うーん、楽しかった!

2019/08/20

感想・レビューをもっと見る