読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シミちゃん (くもんの児童文学)

シミちゃん (くもんの児童文学)

シミちゃん (くもんの児童文学)

作家
吉野万理子
北澤平祐
出版社
くもん出版
発売日
2021-07-20
ISBN
9784774332253
amazonで購入する

シミちゃん (くもんの児童文学) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

spatz

日常の一部になったマスク。つけなければならない、となると、小さい子には意義がわからなくてつらいことも多いだろう。夏には暑いだろうし、息苦しいだろう。なんだか押し付けられているようで嫌な気持ちにもなるものだ。本書は、面白い視点で、ファンタジー要素をまじえて、マスクとの付き合い方、を子供とおとなと、みんなにやさしくよりそう工夫。なぜ、しみちゃん、なのか読んでいてわかるのだが、この着想は独自性があると思った。おかあさんになって年をとってきた私にもクスっとわらいをくれた。netgalley 2021/06/26

2021/06/21

遠い日

コロナ禍の今を思わせるお話です。お母さんの右のほっぺたから逃げ出したシミちゃん。どうやらマスクに隠されるのが嫌らしい。逃げ出して、駄々こねて、マーくんに心配させて、ドタバタの騒動がリズミカル。ぼくはぼくで、お母さんのほっぺたのシミちゃんが、マークみたいで気に入っているから気が気じゃない。シミちゃんの主張、マーくんの気持ち、お母さんの思い、三者の交錯が温かなものを連れてきます。 ことばにしなければわからないことってあるのですね。 #シミちゃん#NetGalleyJP

2021/07/20

感想・レビューをもっと見る