読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人情めし江戸屋 剣豪同心と鬼与力 (コスミック・時代文庫 く 5-10)

人情めし江戸屋 剣豪同心と鬼与力 (コスミック・時代文庫 く 5-10)

人情めし江戸屋 剣豪同心と鬼与力 (コスミック・時代文庫 く 5-10)

作家
倉阪鬼一郎
出版社
コスミック出版
発売日
2021-05-09
ISBN
9784774762876
amazonで購入する Kindle版を購入する

人情めし江戸屋 剣豪同心と鬼与力 (コスミック・時代文庫 く 5-10) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

兄が駕篭屋で弟がその傍で飯屋を営む。兄弟で仲良く江戸屋ののれんを守るっていうのがいい。あっちが儲かっているのにうちは・・なんてつまらん事を言うこともなく人情めし?を売りにする。今の時代なら皆大喜びなんだろうけど。剣豪同心と長谷川平蔵さんの遠縁・・軽く他人?が登場するのですが・・。2軒の江戸屋か同心と与力が主人公なのか・・ちょっと・・まぁ江戸の市井のことですから駕篭かきやさんのことがわかっただけでも儲けもの。先棒が「はあん」後棒が「ほう」。東映映画村の大部屋の方もそういって駕篭かきされてたのかしら。

2022/03/05

感想・レビューをもっと見る