読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する (コスミック文庫 に 4-1)

あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する (コスミック文庫 に 4-1)

あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する (コスミック文庫 に 4-1)

作家
西澤保彦
出版社
コスミック出版
発売日
2021-05-16
ISBN
9784774762920
amazonで購入する Kindle版を購入する

あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する (コスミック文庫 に 4-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

読メ登録以前からの、久々の西澤作品。なぜ作中現在が2000年なのかと思ったら20年前の作品。タイムスリップは、さらに過去に食い込む。驚きは、タイムパラドックス(の一部)の解決を、ごまかさないで視覚的に(文章で)見せてくれること。こんなの初めて読んだ! 広瀬正が戦前の東京を描いたように、著者は家族の愛と性を、タイムトラベラー視点で掘り下げる。性的少数者の描き方が、今なら教科書的と見えるかもしれないが、発表時はミステリとしてかなり進んだ作品と思われたかも。過去改変テーマの意外な点をついている点、評価したい。

2022/03/02

しゅてふぁん

父が殺された数日前にタイムスリップした影二。姉の元恋人と共に父の死の真相に迫るタイムスリップ・ミステリ、ということらしいけれど、ミステリというよりは同性しか愛せない姉と衝突する父、家業を継げない影二という家族の物語だった。ミステリっぽくなかったのは残念だったけど、タイムスリップした理由や結末が気になってわくわくしながら読んだ。20年前に出版された『異邦人fusion』の改題作品。

2021/07/17

hnzwd

西澤保彦のタイムスリップ物なのでハズレは無いと思いましたが、、ちょっと期待値高すぎたかも。面白かったのは間違いないし、この時代にフェティシズムの最先端なのはすごいけど。

2022/07/21

ひさか

2001年10月異邦人fusion集英社刊。2005年1月集英社文庫化。2021年5月改題してコスミック文庫刊。内容を表す長いタイトルが面白そうなので手に取りましたが、20年前の作品にしては古さは無く、タイムスリップルールの工夫もあって楽しめました。牧村朝子さんの文庫解説が尖っていて面白かったです。西澤さんの他の作品も読んでみたくなりました。

2021/07/30

ほたる

作者らしい文章の描き方でとても読みやすいと思う。タイムトラベルはあくまでも道具のひとつでしかなく、性愛が中心にある物語であると感じた。パラドックスを利用したことはなるほどと納得したが、それ以上に人間関係が美しく語られていた。

2021/05/23

感想・レビューをもっと見る