読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

どろだんごとたごとのつきまつり

どろだんごとたごとのつきまつり

どろだんごとたごとのつきまつり

作家
飯野和好
出版社
BL出版
発売日
2015-09-01
ISBN
9784776407348
amazonで購入する

ジャンル

どろだんごとたごとのつきまつり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

図書館にて。稲刈りの終わった田んぼからどろだんごが生まれる。豊穣の秋、月の明かりで楽しい夜が訪れる。手書きの文字も絵にマッチして、暖かい気持ちになる。

2017/09/30

anne@灯れ松明の火

新着棚で。「田毎の月」、初めて知った。その場面、幻想的で美しかった。それまでが、泥団子中心だから、余計に。飯野さんの絵は味があるなぁ。

2016/01/06

遠い日

米を作る田への敬意。そして、刈り取ったあとの風景を丸ごと味わおうとする、その風雅。ますきちじいさんの心根が美しい。空で照る月も、田毎の月の美しさをきっと見ている。

2016/01/11

おはなし会 芽ぶっく 

令和3年度小学校朝読書リスト 低学年 (朝読書で読んだ絵本や紙芝居はそのまま貸し出します) タイトルの意味が分からずジャケ借り。「泥だんごと田毎の月祭り」ということ。田毎の月とは、刈り取った田んぼひとつひとつに、空に登った中秋の月の光が映る幻想的な景色のことだそうです。稲刈りの頃にいいな、と思いましたが、このあたりにだんだん畑は無いので、自分で楽しみました。こんな風景見てみたい。登場する「ますきちじいさん」は飯野さんのおじいさんだそうです。

2021/06/03

たまきら

今度御園のおじちゃん(彼の完全無農薬田んぼで毎年遊ばせてもらってるのです)のところでやるそうです。どろたぼうが出てきたらどうしよう!

2015/12/28

感想・レビューをもっと見る