読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

火夫

火夫

火夫

作家
フランツ・カフカ
出版社
ゴマブックス
発売日
2016-07-20
ISBN
9784777138760
amazonで購入する

火夫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

浅学のオニギリ

ある出来事がきっかけとなってドイツからアメリカへと渡る主人公カルルは下船の日にこれまたひょんなことからある火夫と知り合う。火夫曰く彼の能力に不釣り合いな処遇を受けていると知り、火夫とともに交渉に赴くカルル。火夫の要求は確かなものだが、当人の語りが要領を得ず。カルル&火夫VS会計士&船長&エキストラのバトルと思いきや…。急展開すぎて少し笑ってしまった。デウス・エクス・マキナ系統かな? 何も解決してないけど笑

2021/03/15

にしの

不条理というか、理不尽さを強く感じた。火夫は彼なりにちゃんと言葉を使っているのに、それが人から見て理論性とか説得性がないために人に通じないという。客観性、もしくは権力や権利がないとその人は確かに居て彼なりに言葉を発しているのに、言葉は言葉として機能しないし誰とも繋がれない。その残酷さにカルルは泣いた。大海原を漂う船の中にただ一人投げ出されたような理不尽さと孤独だ。矛盾、齟齬、軋轢。周りに認められない人間は無存在と同じだ。カルルがメイドに受け身なのも、女性や欲望の理不尽さ、意味不明さの表れだと思った。

2021/08/04

ニルルル

ある出来事をきっかけに、故郷と住まいを追われ新天地へ旅立つ事になった少年の心の繊細さ、そして彼本来の人間関係、組織への洞察力が中心になった作品、彼の将来への期待と、うまくいかない出来事との衝突が見えて、短い作品ながらミステリーチックな部分もあり、後味の悪さもあり、時代感もうかがえる。

2019/03/20

マキト

青空文庫での読書。法廷ドラマっぽい。そして問題を解決する事から話が遠ざかるのもいかにもカフカらしい展開だと感じた。

2019/04/10

Minamihama

カフカの全集3部作の第3部 Amerikaの第一章 The Stokerを独立させたものがこの火夫だが、かれは当時一度もアメリカに行く事もなくこの作品を、公務員のような仕事が終わった午後から夜中に書き続けていたのかと思うと感慨もひとしおだ。

2019/03/28

感想・レビューをもっと見る