読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀河鉄道999 2 蛍の街 (GAMANGA BOOKS)

銀河鉄道999 2 蛍の街 (GAMANGA BOOKS)

銀河鉄道999 2 蛍の街 (GAMANGA BOOKS)

作家
松本零士
出版社
小学館
発売日
2014-11-20
ISBN
9784778032920
amazonで購入する

銀河鉄道999 2 蛍の街 (GAMANGA BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

犬養三千代

図書館から。メーテルの謎は深まるばかり。美しいの基準、時間の流れかたその他諸々、正しさはないというメッセージは心に響く。

2017/11/14

神野

基本的に鉄郎、メーテル、車掌の三人以外の登場人物って死ぬんですね。死なない話の方が珍しい感じですねぇ。しかも、強盗、人さらいとかの犯罪者が多いこと。これまでに登場した親切な人はクレア、銃をくれたおばさん、片足だけ機械のじぃさん、木製の人、ボロアパートの人くらいじゃないかな。化石の話、蛍、ヤミヤミの話が今回は好きでした。

2016/01/30

けん

何度も版を変えては出版された本作。キャプテンシャークノタネのくだりすら、何もかもみな懐かしい…ところで小学館さん、相変わらずの矛盾点はご愛嬌としても、いわば決定版的な形で出すのだったら、ちゃんともののわかった編集者に任せようよ…哲郎じゃなくて鉄郎だよ。これじゃ、名越センセイが悪いみたいじゃんか…

2014/12/06

けん

何度も版を変えては出版された本作。 キャプテンシャークノタネのくだりすら、何もかもみな懐かしい… ところで小学館さん、相変わらずの矛盾点はご愛嬌としても、いわば決定版的な形で出すのだったら、ちゃんともののわかった編集者に任せようよ…哲郎じゃなくて鉄郎だよ。これじゃ、名越センセイが悪いみたいじゃんか…

2014/12/06

tomdam

宇宙ではみんな孤独に生きてるんだな

2014/12/07

感想・レビューをもっと見る