読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蝮の舌 (小学館クリエイティブ単行本)

蝮の舌 (小学館クリエイティブ単行本)

蝮の舌 (小学館クリエイティブ単行本)

作家
うかみ綾乃
出版社
小学館クリエイティブ
発売日
2012-07-24
ISBN
9784778037482
amazonで購入する

蝮の舌 (小学館クリエイティブ単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

【読メエロ部】装丁の美しさに惚れた。うかみさんご自身が、お箏の師匠さんなのね。着物を着慣れてらっしゃる方の描写らしく、思わず情景が浮かび...。彼女も匂いフェチですね。「目玉舐め」を、ここでも発見(ふふふ)。獣のような男性に蹂躙されたい、というのは一般的な女性の欲求なんでしょうか。私は今のところ、間に合ってますが( ꒪⌓꒪)

2016/10/09

Anemone

日本の官能と和装、和楽器はよく似合う。ザワザワと蠢く蝮、メラメラと燃える焔。唐突にも思える終息も、願望の成就と思えば、ある意味納得。特にラストは、視覚(色彩)とともに味わいたい。

2017/12/08

keith

その地方には古くから蝮の棲む森があり、「この森には、決して入ってはいけない」そう伝えられてきた。由緒のある生田流筝の家に生まれ育った京香と清香の姉妹。京香の婚約者を巡って妹清香の嫉妬の炎が黒く燃えあがる。一方、箏の世界を牛耳ろうとする男たちの陰謀によって姉妹は手籠めにされる。それは二人にとって、蝮の森への扉が開くことを意味していた。およそ半分以上が性描写。官能小説と言うよりはエロ小説。もっともその境目なんてよく分かりませんけど。同じうかみさんの「ドミソラ」と比べると、ドロドロさがあまり感じられなかった。

2015/10/11

tona

表紙の絵、一瞬何が書いてあるのかわからなかったのですが、最後まで読んでこの絵の意味がわかりました。

2015/02/17

凛誠

団鬼六賞を受賞し、石田衣良さん絶賛と帯に書かれていたので読んでみましたが、内容はいまいち・・・。女性が書くこういう小説というのは団さんの小説と違って残酷さに欠け、描写力もいまいちですね。これからに期待したい作家さんですね。

2013/06/19

感想・レビューをもっと見る