読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔法なんて信じない。でも君は信じる。 (本人本)

魔法なんて信じない。でも君は信じる。 (本人本)

魔法なんて信じない。でも君は信じる。 (本人本)

作家
西島大介
大谷能生
出版社
太田出版
発売日
2009-10-29
ISBN
9784778320942
amazonで購入する Kindle版を購入する

魔法なんて信じない。でも君は信じる。 (本人本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くろまによん

出版社が67ページ分の原稿を紛失するという絶対にあってはならない事件を、その原稿の著者が漫画化したもの。生々しい感情の流れは、かわいらしいタッチの絵柄でも怖いほど伝わってくる。普通キレるであろう事件に対し、この著者はある意味冷静で、かつ人間ができているなぁと感じた。運命的なことだが、描いている漫画のテーマにも沿う事件だったというのもある。 にしてもこの事件ほど心が痛くなることはないな。昔勤めていた会社で、客の直筆校正紙をなくしたヤバい先輩がいたが、そんなレベルじゃねー。

2015/07/14

kanon

漫画部分だけとりあえず。原稿を紛失したと言うこと自体が稀有なことなのに、それを漫画化しようと思うだなんて…普通は滅茶苦茶キレても良いのですよ。ちょっとお金の問題だけじゃどうしようも無いこともある。しかも原稿が紛失してすぐ、この自体を漫画化できるのでは?と困惑した頭でとりあえず相談したらしいのだから、やはり凄い。でもⅢがそのまま出なくて良かったって…(笑)そうなると逆に読んでみたいよね。一冊丸々書き下ろし漫画の事情も興味深かった。大谷能生さんの論考はまた後でじっくり読みたい。「乱暴と待機」(曲)の人だよね?

2014/09/16

こた。

評論部は未読。西島作品はファウストに連載されてたのと挿絵でしか知らないけど、面白かった。で、いいのか?感想として。書下ろし漫画の原稿を出版社が紛失したしたことと、その後の対応についてをまとめたフィクション?になるのかな。ん~面白いけど、いわゆる普通の面白さじゃないので買う人を選ぶカモ。ビレバンで購入。

2013/07/13

Te Quitor

原稿紛失事件67ページ分。実際に起こった事件を漫画にしてしまった実験作。笑えない出来事を笑いに変えることが素晴らしい。マンガ評論のような漫画でもあり(実は流し読みしたのだけれども)なかなか面白かった。

2016/07/23

多田幾多

原稿を紛失という笑えない出来事を、漫画にするとは・・・・西島先生はすごいな。編集者との駆け引きが好きだな。印税よりも儲かるとは・・・・・w

2013/05/17

感想・レビューをもっと見る