読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

センネン画報 その2

センネン画報 その2

センネン画報 その2

作家
今日マチ子
出版社
太田出版
発売日
2010-05-12
ISBN
9784778321154
amazonで購入する Kindle版を購入する

センネン画報 その2 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁かな❁

約1年前に読んだ作品ですが、最近お気に入りさんが読まれてて再読したくなり読んでみました*『センネン画報』も読みましたが『センネン画報その2』はオールカラーで最高〜☆とても透明感のある綺麗な青と高校生カップルの爽やかな甘酸っぱい感じがすごくいいです♡水の中のシーンとか非日常な感じで素敵♪教室のカーテンがふわりと揺れたりして吹き抜ける風をとても感じ心地よいです*懐かしくてほんの少しエロスもあり、この今日マチ子さんならではの世界観、好み(´▽`*)ページをめくりながらドキドキしちゃいます(笑)お気に入り〜♡

2015/07/24

❁かな❁

皆さんのレビューから気になり、センネン画報を読んでとても良かったので連続でこちらも読んでみました(´▽`*)2の方は待望のフルカラーになってました!今日マチ子さんの綺麗で透明感溢れる絵はやはりカラーじゃないともったいないです!前作もそうでしたがとても風を感じる事ができ、甘酸っぱくてキュンときて爽やかで最高〜♡書き下ろしは前作と同じように台詞もあるお話になってます。すごく切ないです。制服カップルの日常や水の中での非日常な感じとか綺麗でとても惹かれました♪今日マチ子さんの描かれる世界、素敵です!お気に入り★

2014/08/28

KI

このくるしさはきっと、あまみにかわるよ。どくもすこしはあるけど。

2020/01/29

べる

「感情を共有したいんじゃなくて、その場の振動みたいなものを共有したい」と語る漫画家の今日マチ子さん。何にもなかった日常にも言葉にならない物語があることを教えてくれる。言葉がないから受け取り方が無限に生まれる。視点、切り取り方の発想が面白い。顔を入れるパネルを利用して、そこから見える風景をカメラで撮るとは考えたことがなかった。プチプチが水中のおやつになるのもなんだかしっくりくる。女の子が男の子のマフラーにやきもち焼いて引き剥がし首に抱きつくところが可愛い。モノと人との関係が上手く繋がっているところも魅力的。

2021/01/25

江藤はるは

大地はオレンジのように青い。

2020/01/25

感想・レビューをもっと見る