読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ニンフ

ニンフ

ニンフ

作家
今日マチ子
出版社
太田出版
発売日
2015-04-09
ISBN
9784778322540
amazonで購入する Kindle版を購入する

ニンフ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

RYOyan

自分の存在価値は誰が決める!?本当に独りになった時、繋がりを求める祈るような想いが、やがて誰かに思わぬカタチで届く。この世界は理不尽に満ちていて、破壊と創造を繰り返していくのだろう。そして、いつの時代も女たちが産み出しているのだ。

2017/02/19

akihiko810/アカウント移行中

古本コミック。関東大震災で孤児となってしまった「ユキ」は、「マリア」の名を与えられ大豪邸に引き取られる。なぜかマリアは妊娠しーー。美しいペットとして拾われた少女・マリア、人形として生きる妻・ナオミ、父の望み通りに整形を繰り返す娘・百合子、後に発見され屋敷の女中となるマリアの母が暮らす、「日本」という廃墟の中の屋敷の物語。 6/10点。 全体的に陰惨で暗くキモい。結局はマリアの創造妊娠だったわけだが、父は特に驚くわけでもなく、同衾して性行為にふけっていたのだろうか。今日マチ子のきれいな絵なので不気味さは(続

2020/04/26

gelatin

★★★ あ〜しんどかった。やはり一筋縄では行かない今日マチ子。マリア、ナオミ、百合、とくれば連想するのはキリスト教で、処女懐胎そのものがモチーフ。主人公マリアだもんな。ラストはキリスト教的ではないけれど、その幸福の儚さがせつない。読み終わって表紙を見直すと、とても愛しく、やはり胸が痛む。マリアを子供に戻してあげたい反面、我々には想像し得ない何か尊いものを産み落として欲しかった気もするのだ。

2015/04/19

くり坊

とってもコワイ漫画(・・;) 今日マチ子、こんな可愛い絵で、どうしてこうシュールで不気味なお話を描くのか。そこが、今日マチ子の持ち味と言えばそうなのでしょうが。

2015/05/04

コムギ先輩

★★★★ 今日マチ子さんの作品ってなんとなく、風のようにふわっとしているのに芯がぶれてないところが好きなんだけど、この作品はふわっとしてなかった。心にずっしり響く作品でした。

2015/04/26

感想・レビューをもっと見る