読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

心のなかを描きたい!: 色も形も自由なポスト印象主義 (美術っておもしろい!)

心のなかを描きたい!: 色も形も自由なポスト印象主義 (美術っておもしろい!)

心のなかを描きたい!: 色も形も自由なポスト印象主義 (美術っておもしろい!)

作家
小池寿子
出版社
彩流社
発売日
2015-12-16
ISBN
9784779124181
amazonで購入する

心のなかを描きたい!: 色も形も自由なポスト印象主義 (美術っておもしろい!) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

ポスト印象派は、モネらの外光の元見たままを描くことではなく、心の中に映し出される絵を描くようになる。それがセザンヌ・ゴーギャン・ゴッホたち。ゴッホ「星月夜」NY近代美術館、「ひまわり」ロンドン・ナショナル・ギャラリー:セザンヌ「りんごとオレンジ」オルセー美術館、「松の木のあるサント=ヴィクトワール山」ロンドン・コート―ルド美術館:ゴーギャン「われわれはどこから来たのか、われわれは何者かわれわれはどこへ行くのか」ボストン美術館。今年ロンドンNGとボストンが日本に来るけど、残念ながら有名なこれらの絵は来ない。

2020/01/19

そーすけ

294*今回は、ゴッホ先生のページ多め。パウル・クレーの「夢の島」、かわいい。これくらいの時代から、抽象画が描かれ始めたのかな。

2017/09/21

感想・レビューをもっと見る