読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪霊 (まんがで読破)

悪霊 (まんがで読破)

悪霊 (まんがで読破)

作家
ドストエフスキー
バラエティアートワークス
出版社
イースト・プレス
発売日
2008-12-01
ISBN
9784781600222
amazonで購入する

悪霊 (まんがで読破) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

GaGa

この手の漫画をもう読むのをやめようと思っていたのに読んでしまった(笑)これは小説で読んだ方がきっと面白いだろうなあと思いつつ、結局は手に取らなそうな気が…ただ、このシリーズで読んだ他の作品よりも、なんとなく謎が多く残ったので、ひょっとしたら…でも読まないかなあ…

2013/02/22

NEWS23キャスター・寺(本名・小川彩佳)

これまた辛気臭い話である。主人公は美貌の悪人・ニコライ。血筋が良くカリスマ性もあって仲間に憧れられている男だ。革命の話でもあるが、革命グループにはろくな奴がいない。自殺だの奴隷だの、おかしな理屈をこねる奴ばかりである。一人はぐれているイワンがこの唯一良い奴である。何がしたいのかよくわからないニコライ。庶民的幸せに生きるイワン。二人がお互いに言うには、ニコライが悪魔でイワンが悪霊らしい。イワンが革命グループに殺される。革命は失敗。最後はニコライが自殺。優れた人間は結局悪に堪えられないのかも。

2015/02/24

トッド

■恐怖 ■突然襲ったその感情は彼女の微笑みによって生まれた。■僕は彼女の幻影に悩まされる様になった。その恐怖の正体を確かめる為に僕は醜悪な行動を重ねてみた。常識、人々、法、神を侮辱した。しかし侮辱には侮辱という応えが返されるだけ。あの恐怖を再び感じる事はなかった。僕が彼女に恐怖したのは、彼女が僕に恐怖していたからか?…いや、そうではない。彼女は僕の侮辱に未熟な愛情で応えていたのだ。悪意に対して善意で返した。彼女の微笑みは、僕への赦しだった…。恐怖の正体とは良心の呵責―彼女の善意が僕の良心を呼び起こしたのだ

2021/06/25

タカオ

いつか読みたいと思っていた『悪霊』。そうはいっても、ドストエフスキーはちょっと読むのに根気がいる。ならば、まずはあらすじを頭に入れてから原作というか小説の方に挑もうということで、「まんがで読破」を手に取ることに。さて、小説はどこのにしようかな。読みやすさ重視で光文社古典新訳文庫か、表紙が気に入っている新潮文庫か。ちなみに、いつ読める(読み切れる)かは、まだわかりません(笑)

2016/01/14

日々珠

ああ、伊藤悠「シュトヘル(悪霊)」のあの場面はここからきていたのか。

2014/02/01

感想・レビューをもっと見る