読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それでも私が捨てられなかったもの

それでも私が捨てられなかったもの

それでも私が捨てられなかったもの

作家
やましたひでこ
出版社
イースト・プレス
発売日
2014-09-07
ISBN
9784781611983
amazonで購入する

それでも私が捨てられなかったもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

ごきげんに暮らすためのいろいろ。雑木林の残る断捨離ハウスと小松にある町屋をリフォームした本宅が紹介されていましたが、ステキですね。いわくつきの町屋を安く譲ってもらったけれど、基礎から直すリフォームで五千万近くかかったとか・・。そうよね、妥協せず良いものを目指せばそれなりにお金もかかるということですね。『松葉屋」の栗蒸羊羹「月よみ山路」を食べてみたい。アフリカの「赤い戦士」の絵が気に入りました。森秀一氏の「遊墨書」も素敵。玄関に飾ってある「出てきたところに還るだけ」がほしい。『7つのチャクラ』も読みたい。

2015/11/04

おくちゃん🍀柳緑花紅

モノを通じて自分を知る。断捨離とはヨガの「断行」「捨行」「離行」の頭文字をとった言葉。執着を手放すための三つの「行」を片づけという手法に落とし込んだもの。捨てることに執着するものではなく、よりご機嫌に生きていくための手法であって捨てることが目的ではない。やましたひでこさんに、それも捨てられなかったものがあるように、誰にでもきっと大切で愛おしいものがあるのだろう。それを慈しみながら生きていくことが、ご機嫌に生きること。我が家をパワースポットのように。極められたら凄いなぁ。日々修行です。

2016/07/22

バニラン

ヨガの講師からのオススメ本です。読了後、爽やかな気分になれた。お気に入り品とそれに対する思い出や思い入れ(こだわり)が写真と共に掲載されている。センスが良く美しい選ばれしものたちの数々‥。体は心の容れ物。身体の容れ物は家、だから片付けを通して家という身体の容れ物をきれいにしている。そんな風に考えて片付けを始めれば断捨離も辛くないかもしれません、ヨガにもこの本にももっと早く出会いたかった。そしてこの本のような家を建てたかった。

2016/09/06

Tadashi_N

物語のあるものだけが、このように残っていく。

2017/06/23

Kikuyo

こざっぱりとした和室でくつろいでいるかのような読後感。雨を愉しめる家というのはすごく魅力的。 断捨離は「捨てることが目的ではない。モノを通じて自分を知り、よりご機嫌に生きていくための手法」のこと。モノを慈しむことはついつい怠りがちだけど、大切にしたい気持ちのひとつ。どれだけ丁寧にモノと向きあえるか、ということなんだろうな。身の回りのモノたちともじっくり対話してみよう。

2016/08/04

感想・レビューをもっと見る