読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

詩的自叙伝―行為としての詩学 (詩の森文庫)

詩的自叙伝―行為としての詩学 (詩の森文庫)

詩的自叙伝―行為としての詩学 (詩の森文庫)

作家
寺山修司
出版社
思潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784783717089
amazonで購入する

詩的自叙伝―行為としての詩学 (詩の森文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ありとあらゆるジャンルに手を出しながらも「詩人」という肩書きを好んだ寺山の考える「詩とは」をまとめた一冊。時代背景(学生運動)や用語(注釈つけて…)については常の不親切だが、副題にもあるように、詩とは印刷された文字ではなく行為として「なる」ものだ、ということが繰り返し力説されている。つまり「書を捨てよ、町へ出よう」ね。寺山にとっては演劇も映画も評論も小説も、全て「行為としての詩」なのだ。印刷されたものは詩の形骸でしかない。現代詩への憤りは強いがそこに諦めはなく、全体に意欲的で刺激的でとても面白い。

2013/03/08

感想・レビューをもっと見る