読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 太宰治

小説 太宰治

小説 太宰治

作家
檀一雄
出版社
審美社
発売日
1992-09-01
ISBN
9784788330658
amazonで購入する

小説 太宰治 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蓮子

太宰は自らの文芸の完遂の為に死んだーー青春の一時期、ともに酒をあおり命をあおる濃密な交友を結んだ作家檀一雄は、太宰の死の直後、心に惻々と迫る挽歌を夜通し綴ったーー本作は「小説」と銘打っていますが、読んだ印象だと「回想録」ともとれる内容で、とても興味深く読みました。太宰治は作家としては天才だったけれど、私生活では眉を顰めるような駄目っぷり(恐らく太宰も何らかの精神疾患を抱えていたんだと思うけど)。でもだからこそ檀一雄をはじめ、彼の周りに居た人達は彼を放っておけなかったんじゃないかな。

2017/11/13

感想・レビューをもっと見る