読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

たまごにいちゃんと たまごじいさん (ひまわりえほんシリーズ)

たまごにいちゃんと たまごじいさん (ひまわりえほんシリーズ)

たまごにいちゃんと たまごじいさん (ひまわりえほんシリーズ)

作家
あきやまただし
出版社
鈴木出版
発売日
2019-08-23
ISBN
9784790253846
amazonで購入する

ジャンル

たまごにいちゃんと たまごじいさん (ひまわりえほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

新着棚で。「たまごにいちゃん」が18冊のシリーズができ、一旦完結していたとは知らなかった。今作は、久しぶりの続編だそうだ。たまごのままのおじいさん。独りで寂しいのかと思えば、そうでもなく、マイペース。たまごにいちゃんに気にかけられたことで、1歩踏み出し、とうとう脱皮、ならぬ脱殻?(笑) どんな年になっても、成長できるんだね。シンプルな絵とシンプルなストーリー。なんか、いいな。

2019/10/30

たまきら

借りてきたら即食いつくシリーズの一つ、たまごにいちゃん。全部読んでいるわけではなかったので、新シリーズの展開とも知らず、興味深かった。娘さんの感想は「いや、無理でしょ」…本当にこのシリーズ好きな割にはあんまりな感想だと思う…。

2020/06/03

おはなし会 芽ぶっく 

久しぶりの新刊。たまごにいちゃん大人になってシリーズは終了したと思ってました。あきやまさんも書かれてましたが、まだシリーズ続くようです\(^o^)/新シリーズ?はあきやまさん曰く「彼(たまごにいちゃん)の内面を刺激するゲストが登場してきます。」だそうで、今回卵の殻のままのおじいさんが登場。「わしは だれかが きにかけてぅれたら たまごから でると きめていたんじゃ。」孤独だったんですね、たまごじいさん…。

2019/11/08

遠い日

大好きな「たまごにいちゃん」シリーズの再開!誰しも避けては通れない「老い」の問題を真正面から取り上げる。たまごじいさん、かっこいい。まさに我が道を生きた人の、ことばだ。そして、年齢に関係なく、人は変わりたいときに変われるのだということに勇気をいただく。

2019/10/26

ちみたんママ

〈息子食いつき度〉★★★☆☆「私気に入り度〉★★★☆☆ 「たまごにいちゃん」が完結してたなんて知らなかった! これは´19年に再開した新シリーズそうだです。一連の前作に比べるとメッセージ色が強めで、子供ウケする面白さはダウンしてる気もします…。絵のテイストは相変わらず面白いけど、4歳息子の喰いつきは今ひとつ。とはいえ、おじいちゃんのセリフは親世代にビシバシ突き刺さります。受け取るメッセージは人によって違うだろうけど、ワタシは「殻を破るタイミングは人それぞれ」っていうのがいちばん印象に残りました。

2020/10/11

感想・レビューをもっと見る