読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ

文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ

文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ

作家
斎藤環
出版社
青土社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791756599
amazonで購入する

文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Gotoran

精神病理学・病跡学の専門家の精神科医(著者)が分裂病や神経病の臨床経験をベースに漫画・アニメ・絵画等のサブカルチャーを題材に精神分析的な視点で思索・論考した本書。読み応え十分、難解ではあったが、(知的)好奇心が擽られた。キーワードは文脈(コンテキスト)としての顔、顔の固有性。(フロイトー)ラカンによるシニフィアンとファルスの論理、ベイトソンのダブルバインドと学習理論、マトゥラーナのオートポイエーシス理論への言及に興味深々。フロイトーラカン、レヴィナス、ドゥルーズの基礎知識不足痛感。

2014/07/26

tk

エヴァンゲリオンの項目が面白かった。

2012/03/29

masmt

封印されてしまったヘンリーダーガー装丁の「文脈病」。図書館で一度借りて読んだことがある

感想・レビューをもっと見る