読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

清少納言を求めて、フィンランドから京都へ

清少納言を求めて、フィンランドから京都へ

清少納言を求めて、フィンランドから京都へ

作家
ミア・カンキマキ
末延弘子
出版社
草思社
発売日
2021-07-30
ISBN
9784794225283
amazonで購入する Kindle版を購入する

清少納言を求めて、フィンランドから京都へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

38歳で仕事を辞め、京都に住む。清少納言をセイと呼び、語りかけながら、京都の街にセイの面影を追い求める。ノルマンディーでこの本を書き上げた。著者もセイと同様京都での日々を書き連ねていた。そんな日々の記録に所々枕草子からの「清少納言のことば」を引用し、著者も感じるままにリストを挙げる。清少納言の直接の原本はもちろん見つけることはできなかったが、1000年前の同時代を生きた道長の日記は目にすることが出来た。著者の目を通して、日本の歴史、現代まで残されたもの、文学を、新鮮な気持ちで改めて知ることができました。

2021/09/25

やいっち

遠い現代のフィンランドからアラフォー女性が「枕草子」そして書き手の「セイ」の魅力に目覚め、ヘルシンキから京都へ。驚くのはフィンランド政府や企業の文化的助成の分厚さ。彼女は日本語が喋れない読めないのに、平安朝の「セイ」や「枕草子」を知ろうと悪戦苦闘する。その日記調ドキュメントタッチの書きぶりが面白い。あの平安朝に何故表立って文筆を含めた言論が出来たのか、その不思議は今の日本人にももっと興味を持っていいのでは。セックスを含めた赤裸々な語り口や活動ぶりが本書の人気の一端なのかな。 楽しみました。

2021/10/22

ケイトKATE

人生の曲がり角を迎えたフィンランド女性が、敬愛する清少納言の国、日本を訪れた日々が書かれている。印象的なのは、著者が清少納言を親しみを込めて「セイ」と呼んでいること、しかも日本人よりも清少納言と『枕草子』を理解しようとしている点である。私は『枕草子』について日本の古典文学程度の認識しかなかったが、1000年以上も前に、女性が自ら書き上げた文学作品として画期的であることを本書から知った。著者は、日本語を理解できていないのに関わらず、『枕草子』の魅力を伝えていることに、私は新鮮な気持ちにさせてくれた。

2021/09/28

ワッピー

長期休暇制度を利用して、1000年前の女性ブロガー清少納言(作中ではセイ)に近づこうという試みはフィンランド語で書かれた「シン・枕草子」としてここに結実。著者は懊悩しながらも来日、京都・吉田山近くの破れ宿(ゴキブリ洞窟)に部屋を取り、残暑厳しい中、日本体験を開始。「源氏物語」と違い、英文の研究論文は圧倒的に少なく、またそれらにアクセスしにくいことに四苦八苦しながらも、セイに語りかけ、思索を重ねて執筆動機やその正体、晩年の生活に迫ろうとする。途中、ヴァージニア・ウルフが清少納言について書いた記事を求めて ⇒

2021/08/17

泰然

北欧フィンランドから主人公の女性が、仕事にも人生にもうんざりして長期休暇制度を使って日本にやってくる。何と目的は「清少納言を研究する」ため。アラフォーシングル女性が新しい人生に旅立つ飾らずに軽やかで知的で時折クスッとなる文体のエッセイにして「北欧女性のシン・枕草子」と評したくなる作品。専門家から文献をもらったり助言を使わず、単身京都に飛び込んでくる行動力に拍手。環境に悪銭苦闘しながら次第に彼女は、キャリア女性とブロガーの先駆者たるセイの足跡を追い、人生を探す。等身大の自分を綴る勇気を恥じない力を示しつつ。

2021/09/12

感想・レビューをもっと見る