読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

亜細亜熱帯怪談

亜細亜熱帯怪談

亜細亜熱帯怪談

作家
高田胤臣
丸山ゴンザレス
出版社
晶文社
発売日
2019-09-25
ISBN
9784794970541
amazonで購入する Kindle版を購入する

「亜細亜熱帯怪談」の関連記事

「現実がふわっと揺らぐ瞬間がある」“怪談実話”の定義とその魅力を『怪と幽』編集長に聞く【選書5冊】

 夏といえば怪談シーズン本番! というわけで、“お化け好きのバイブル”的雑誌『怪と幽』(KADOKAWA)編集長の似田貝大介さんに、「怪談実話」の魅力について教えていただきました。怪談実話とは、その名のとおり実際にあった出来事をもとに執筆される怪談のこと。田中康弘さんの『山怪 山人が語る不思議な話』や松原タニシさんの『事故物件怪談 恐い間取り』のヒットであらためて注目されるこの分野をさらに楽しむコツとは? オススメ作品5作とともに、似田貝さんがその魅力を語ります。

怪談実話の出発点には、体験談がある

──今日は怪談のなかでも人気の高い「怪談実話」について、お話しいただこうと思っていますが、そもそも怪談実話とはどういうものですか?

似田貝大介さん(以下・似田貝) ざっくり言うと、怪談には大きく分けて創作と実話の2種類があります。前者は著者の想像力によって生み出されたフィクション。怪談実話は、実際に起こった出来事を、体験者への取材や著者自身の経験をもとに書いたものです。出発点に体験談があるところが、怪談実話の一番大きな特徴ですね。これは活字だけでなく、稲川…

2020/8/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

亜細亜熱帯怪談 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

何となく熱帯の夜は、ねっとりとして闇が濃いイメージがある。本書はタイを中心にそんな東南アジアの階段を紹介した一冊。内容も現地に伝わる妖怪の類から、タイの現代怪談や事件の跡地の話、タイ以外の国の話と夜に負けず濃い話ばかり。タイのピーの話はたまに聞くことがあるけど、これほど細分化されている事を初めて教えられる。それにも増して興味深いのはやはり現地での怪談話。事件現場を因縁とするのは洋の東西、我が国他国を問わないけど、その表し方に文化コードの違いみたいなのが見えて興味深いなあ。表紙もわかってて、いい一冊でした。

2019/10/17

qoop

怪談を通じ、タイを中心とした東南アジア各国の精神文化を紹介した一冊。怪談を支える怖さの質・現象そのものがこうまで違うのかと感心する。階段でおなじみのシチュエーション、例えば…同じタイミングで同じに思える体験をしていても、Aには黒い影が、Bには女が見えた…のような差異が、異なる文化においては一層顕著なのかもしれない。体験を意味づけるものは文化であり社会的表象なのだろう、と。興味深く読んだが、ベタに怖がらせようとする描写はどこまで効果的だったか。むしろ主観を配してルポに徹した方がコンセプトと合っていたのでは?

2019/10/03

h t

タイの心霊スポットとか。事件や事故で人が死んだ場所にはシマウマの置物が置かれるらしい。

2020/03/20

Lighthouse Keeper

表紙イラストの眼ヂカラにやられてしまったクチ。タイトルは"熱帯怪談"だが、稲川淳二の怪談話のように怖さを味わうというよりは、霊を身近に感じながら暮らしていくというタイの人々の「日常観」みたいなものを知る、そんな本。後半では周辺東南アジア諸国にも足を伸ばすが、馴染みのシンガポールはあまりピンと来ず。オーチャードの辺りは人工的すぎて、昔ながらの霊とか似合わなさそう。

2020/05/16

pjolpjol

総ページ数540の分厚い本。髙田胤臣氏の心霊スポット探訪記です。目の付け所は素晴らしく記事のうちタイが大半を占めますのでタイ好きで在り来たりの観光スポットでは満足できない人には、この本を頼りに心霊スポットを巡るのも良いでしょう。本書の難点といえば、① 文章が読みにくい これは私だけかもしれませんが、文章スタイルが馴染めず、スッと頭に入って来ない。② 写真が汚い。もう少しきれいな写真を載せて欲しかった。③ 心霊スポットに絡めて話があれこれ飛ぶのですが詰め込みすぎ。 とはいえタイ好きにはお勧めの一冊です。

2020/02/02

感想・レビューをもっと見る