読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ときめきさがし

ときめきさがし

ときめきさがし

作家
今日マチ子
出版社
竹書房
発売日
2018-12-07
ISBN
9784801916920
amazonで購入する Kindle版を購入する

ときめきさがし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

漫画。同年代ぐらいの女性が主人公なので、思っていた内容とは少し違いましたが共感出来るところも多かったです。過労で倒れ1年の休職中の些細な出来事や大きな出来事を通じて人生ってこうやって奇跡や予定外なことの連続で作られてゆくのだなと思いました。私も今のところ仕事中心の毎日でそのままいつまで突っ走るのかも見当がつかないけれど、そんな考えだったこともあったなと懐かしむような全然違う人生の日が来るのだろうか?

2019/08/19

つくえくん

1年という無理やり与えられた休養期間。自分ならどう過ごすかなあ。思う存分本が読めるとも思うけど、なんかしっくりこない。忙しいなかだからこそ、できることもあるように思うし。海をみて、日溜まりを愛し、日々を生きる。生活も仕事も、両方望んじゃいかんのか。ただ、子どもができて、ワークライフバランスはなんとかうまくやってます、というオチはちょっと違うと感じるけどね。

2019/06/06

ユンジェ

時には立ち止まる事も必要だな。

2018/12/30

みやしん

重度の仕事人間の主人公がある日倒れて一年のドクターストップ。仕事に戻りたいという望みは一貫しているが同時に思わず与えられたゆとりの中で自分の生活そのものを見返す日々が暖かな絵柄で綴られる。そんな中発覚する妊娠。仕事か子か仕事も子も…これはつらい。夫の描写が控えめだったが、きっとできた人。最終的に再就職し家族も犬も増え大勝利じゃないか。リタイア中思う事もあったろう。「申し訳ないと思ったら負けだ」は誰に向けての言葉だろうか。

2019/05/27

この作者の今となっては珍しいリアルっぽいお話。細々と繋がっている竹書房ならでは、なんだろうなあ。どこかに所属して一生懸命仕事をするのが全て、から零れた、抜け出した人たちは別に特殊でない。ないのに疎外感や後ろめたさを感じてしまうことがないようにと描かれたような。

2018/12/15

感想・レビューをもっと見る