読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いぬぼの (バンブー・コミックス)

いぬぼの (バンブー・コミックス)

いぬぼの (バンブー・コミックス)

作家
いがらしみきお
出版社
竹書房
発売日
2019-11-01
ISBN
9784801967892
amazonで購入する Kindle版を購入する

いぬぼの (バンブー・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

もし、ぼのぼのが犬だったら……という『ぼのぼの』パラレルストーリー。そもそもぼのぼのはラッコであるから、自分が犬であることに新鮮さを持っている。なぜ執拗に匂いを嗅いでしまうのか、知らないものを見ると吠えてしまうのか、そんな犬の当然の生態に敏感に反応してしまう。犬でないものが犬になることで、より犬を理解できるという構造。「ニオイって目に見えないものだよ 空気中にただよってるものだ それをかいだだけでなにかわかるなんて ほんとにふしぎだと思わんかね」というクズリの言葉に(つづく)

2019/11/12

牧野由依さんのYui Makino Concert~twilight melody~に参加するオジャ

ぼのぼの、犬になる。ぼのぼのの遠吠えでアリがわらわら寄ってくるネタが面白かった。

2019/11/03

感想・レビューをもっと見る