読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おいぬさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期)

おいぬさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期)

おいぬさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期)

作家
京極夏彦
中野真典
柳田国男
出版社
汐文社
発売日
2018-04-26
ISBN
9784811324807
amazonで購入する

おいぬさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

京極夏彦の『えほん遠野物語シリーズ』を読み続けています。 ようやく第二期の刊行が開始しました。第一弾は、オドロオドロしい狼(おいぬさま)の物語です。おいぬさまの絵も怖いですが、途中で登場する老人の顔の方が怖いと思います。野生の狼が飼い馴らされて犬になったような気がしますが・・・逆なのかなぁ? https://www.choubunsha.com/special/tohno/

2018/04/28

ままこ 🐸

『おいぬさま』の正体はまさに畏怖すべき存在。。淡々とした中に重みを感じる京極さんの〈文〉と不気味で迫力ある中野さんの〈絵〉で描かれた遠野物語。大勢のおいぬさま達は今はどこにいるのだろうか…。彼らの遠吠えは決して真似してはいけない。

2018/08/08

NAO

【戌年に犬の本】京極夏彦の文による『遠野物語』の絵本。おいぬさまとは、狼のこと。おいぬさまはとんでもなく大胆で、とほうもなく賢く、群れになって狙った獲物を確実にものにする。だが、おいぬさまはある日忽然と遠野から消え去ってしまう。日本の元風景である遠野を去ったおいぬさまは、どこに行ったのだろう。日本にはもはや自分たちが住む場所はないと悟ったのだろうか。おいぬさまとは、=神様のことなのだろうと思った。

2018/08/19

さつき

迫力のある絵に圧倒されます。いやー!怖いです。小学校の下校時に、どこからか現れた犬が向かって来て恐怖を覚えたことを思い出しました。飛びかかろうとしたり、追いかけて来たりで泣きそうになりました。犬でも怖いんだから、狼が大挙してきたら…考えたくないですね。狼が昔は日本にもいたなんて、今では想像もできません。

2019/11/30

鱒子

迫力の絵本! 里山の人たちには、山犬 狼というのは恐ろしかったでしょうね。単体でも人間より強いのに、群れで行動するし。 木造平屋 塀なしの家だったら、身を守れる気がしない… 表紙の白い2匹の姿から もののけ姫の「モロ親子」を連想してしまいます。恐怖、畏怖、妖かし。

2018/05/02

感想・レビューをもっと見る