読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

FKB 実話怪談覚書 水霊魂(仮) (竹書房文庫)

FKB 実話怪談覚書 水霊魂(仮) (竹書房文庫)

FKB 実話怪談覚書 水霊魂(仮) (竹書房文庫)

作家
我妻俊樹
出版社
竹書房
発売日
2014-01-29
ISBN
9784812498507
amazonで購入する

FKB 実話怪談覚書 水霊魂(仮) (竹書房文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夢追人009

我妻俊樹さんの3冊目の初期作ですね。まあ本当に私は毎回楽しんで読みながらも著者がこんなにけったいな訳のわからない奇譚ばかり書いていたら精神に異常を来たさないかなと真剣に心配になりますね。でもまあ実話怪談界の唯一無二の稀有な才能ですからお大事になさって気を付けて精進され末永く我々ファンを楽しませて欲しいと心から願いますね。『四人組』高校生の明男さんは電車通学だったが駅から学校がかなり遠かったので家から自転車を持って来て駅傍の空き地にいつも無断駐輪していた。その日は文化祭の打ち合わせと準備で帰りが遅くなった。

2021/01/31

冷えた八宝菜

“お化け”というよりなんだか得たいのしれない気色わるさを感じる話が多かった。淡々としているが、質の高さを感じる。とくによかったのは「うさぎの庭」「四人組」「木の上の子供」「葉書」。

2017/04/04

澤水月

書店員怪談!! 全・本読みと書店員を震え上がらせる「マスク」は題名から想像つかぬ展開で震撼させられた…基本2頁程度でポンポンとリズミカルに進むのもいい。独りだけ異世界覗く孤独感描いた話多く遠野物語想起させられたことも。「当たりのFKB」。

2014/02/01

王天上

現在竹書房文庫で活躍している怪談作家では、この人が一番好きかも知れない。「茶碗の神さま」がよかった。

2016/05/15

gu

あとがきにもあったが、わけのわからない一連の出来事を話としてまとめずに差し出しているのが面白い。実話風怪談の文体としては珍しい方なんだろうか。いくつもの層が重なってできているのがこの世であって、私たちは運良く他の層に迷い混まずに済んでいる、というような認識。

2014/03/01

感想・レビューをもっと見る