読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい

作家
汐見夏衛
出版社
スターツ出版
発売日
2019-02-25
ISBN
9784813790280
amazonで購入する

まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

茉莉花

恋愛も友達も親も何もかもが上手くいかずに、悩んでいる広瀬遙。あることがきっかけで声を出せなくなってしまった天音。 そんな二人が偶然出会い、放課後二人の時間を過ごすようになる。放課後たわいない話をすることがいつしか遥の救いになっていた。遙は友達関係修復、進路で揉めている親との和解、さまざまなことを乗り越えながら、前に進んでいく。天音にも前に進んでほしいと思った遥は天音を思ってある行動を起こすけれど、彼を深く傷つけてしまい…。天音の声が出せない理由とは?遙とは仲直りをし、声が出せるようになるのか?

2021/07/01

ぶんこ

物事を常にネガティブに考える傾向のある遙さんに、読んでいるとドヨ〜ン。優秀な兄と比較され、毎日のように母から叱咤激励されるのは辛い。顔色をよむようになってしまうのも無理ないのかな。そんな遙が失恋。しかも振られた彼の好きな人は、遙の小学校からの親友。その遠子さんへ嫉妬する自分が嫌い。悩める遙が出会った失声症の天音に癒される日々。自分が救われたように、天音も救いたい。天音の罪悪感が引き起こした失声症。分かってみると弟も親もみんな優しいからこその言葉の足りなさが切ない。遠子さんの絵を見に行ったことで無事に解決。

2021/11/07

茉莉花

毎日を楽しんでいるように見える遙だが、恋も友情も親との関係もうまくいかず、もがいていた。そんな時、声が出ない男の子・天音と出会い…。

2021/04/14

しお

『夜が明けたら〜』『だから私は〜』と同じ高校が舞台で『だから私は〜』のスピンオフ。初恋が叶わず、親や友達とも上手くいかずに苦しんでいた遥の元に、なぜか声が出ない男の子・天音と出会う。放課後に他愛ない話をすることが遥の救いになっていた。遥は天音のために行動を起こすが、彼を深く傷つけてしまい…。周りからは完璧で毎日を楽しく過ごしているように見える人も、裏では誰にも言えない悩みを抱えている。でも、言葉にしなければ何も伝わらない。すぐ近くにいるからこそ、気づけないこともある。言葉にすれば、きっと何かが変わるんだ。

2019/02/26

りちゃ

「夜が明けたら~」「だから私は~」に続く作品。これぞ青春、キラッキラッしている。羨ましすぎる。こんな高校生活が待ってるかも。と、勘違いしてしまいそう。

2020/02/02

感想・レビューをもっと見る