読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界の天使と悪魔 (図解雑学)

世界の天使と悪魔 (図解雑学)

世界の天使と悪魔 (図解雑学)

作家
藤巻一保
出版社
ナツメ社
発売日
2009-06-05
ISBN
9784816347085
amazonで購入する

世界の天使と悪魔 (図解雑学) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

lovemys

天使と悪魔って、こんなに種類があるのね。どの宗教にでも、天使や悪魔が出てくるのは興味深い。天使に対する悪魔、という考えと、天使(神)の一部分が悪魔、という考え方があるのが面白かった。人の悪い面が悪魔、全部悪い人はいない、って考え方の方が、やっぱり馴染みがあるのは、唯一神を信じていないからなのかしら?これを読むと、キリスト教も、なんとか悪魔という存在を説明できるモノにしようとがんばっているのが分かって微笑ましく感じてしまいましたが、どうなんでしょうか?(笑)

2016/04/04

軽く知っておくには十分な一冊。イラストもしっかりと掲載されておりイメージもつきやすく入門編といった感じ。

2013/02/04

樹999

暇つぶしの読書としては楽しめた。こうしてみると人間の想像力って凄いなーと実感する。

2010/08/19

楠楊

小さい頃から天使と悪魔の作品が身近にあったので、深くは考えてこなかったが、こうして勉強してみると面白い。宗教によって意味や役目が変わったり、色々な解釈ができるのも想像の幅があっていいですね。

2016/04/15

魚京童!

http://kuzirappa.blog.fc2.com/blog-entry-458.html

2013/05/31

感想・レビューをもっと見る