読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい

赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい

赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい

作家
赤瀬川原平
出版社
産経新聞出版
発売日
2016-02-06
ISBN
9784819112758
amazonで購入する Kindle版を購入する

赤瀬川原平のライカもいいけど時計がほしい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カタコッタ

ネットのニュースで腕時計投資家の方を知りました。収集はしていませんが私も腕時計には惹かれます。ちょっと腕時計のエッセイを読んでみようと、この本をえらびました。著者の言葉のセンスや腕時計へのこだわりがよくもこんなにたくさん書けるものかと感心しました。好きを追求するって、面白いですね。シンプルかつクラシカル、美術家としての眼も感じられます。腕時計の好きな方、ぜひぜひ読んでみてください。

2019/01/26

Inzaghico

いつまでも男の「子」だった原平さんだなあ、とあらためて実感した一冊。男の子はガジェットが好きだなあ、といつも思うけれど、原平さんは筋金入り。カメラの好みもうるさかったが、時計にも一家言あったのね。 原平さんは基本的に居職なので、本書の元となった原稿を書いていた時点では、時計は手巻き式、携帯、パソコンなしという生活だったようだ。そのライフスタイルを友人に貴族と評されたらしい。労働者は、携帯に縛られて常に監視されているな、たしかに。そして本人はいつの間にか貴族に押し上げられている。不思議なものだ(笑)。

2019/02/14

Flex GR

☆3 ライカ好きの著者が時計について語るエッセイ。安物の時計が好きという点は一点豪華主義の私とは「時計」の価値観が少し違うが、それでも十分楽しめた。 常日頃思うが、時計好きには「メカ好き」「側好き」「高級時計好き」「安い時計好き」など色々趣味趣向があるなと。

2018/05/25

インテリ金ちゃん

腕は2本しかないので...そういえば「なぜ時計を着替えないの?」っていうCMもあったけ。

2016/09/10

ishito

あーいつもの赤瀬川節が気持ちよいです。時計もカメラもそんなに、の人間ですが楽しく読めました。 居酒屋でも、高くてうまいは当たり前、安くてうまいを探すのが醍醐味。 自分はアラビア数字もローマ数字もどっちもかっこいいと思ってました。

2016/05/06

感想・レビューをもっと見る