読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント

作家
アンドリュー・S・グローブ
ベン・ホロウィッツ
小林薫
出版社
日経BP
発売日
2017-01-11
ISBN
9784822255015
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

シリコンバレーのトップ経営者、マネジャーに読み継がれる不朽の名著、待望の復刊! !

インテル元CEOのアンディ・グローブが、後進の起業家、経営者、マネジャーに向けて、一字一句書き下した傑作。
『HARD THINGS』著者のベン・ホロウィッツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグなど、シリコンバレーの経営者や幹部たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた。

アウトプットを最大化するための仕事の基本原理とは、マネジャーが最も注力すべき仕事はなにか、タイムマネジメントの方法、意思決定のときにしてはいけないこととは、ミーティングはどう進めるべきか、1対1の面談(ワン・オン・ワン)ではなにを話すのか、人事評価はどう判断すべきか――。
マネジャーなら誰もが悩むことに答えてくれる、実践的で役に立つアンディ・グローブのアドバイスが満載の経営書である。
<シリコンバレーの起業家など著名人が絶賛! >
「世界最高の経営書だ」――ベン・ホロウィッツ(『HARD THINGS』著者)
「僕の経営スタイルの形成に、本書は大きな役割を果たした」――マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)
「シリコンバレーのトップ企業は何ができるか、アンディは最高のモデルを築きあげた」――マーク・アンドリーセン(ブラウザ発明者、アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者)
「非常に大切なことをすばらしく教えてくれる重要な本」――ピーター・ドラッカー

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

thayami

基本概念にも滲む実質主義。組織の各種機能、そして個々人の成長を踏まえたR&Rへの提言。「活動と成果」の件は印象的。シンガポール時代にボランティアで次男の学校に呼ばれて、自社と私の仕事を紹介した記憶が蘇る。姿勢で共感したのが、混沌の中での手綱捌き。苦しき中に学び多々。一方、1on1やメモは今更感。マトリックス組織なども、現代のグローバル環境では至極当然という印象。但し、聴く姿勢は頭で理解も時に失念・・・。自身の成長の余地が残っていると解釈するしかないなぁ。(笑)

2017/09/07

まちゃ

インテル元CEOのアンディ・グローブが1990年代に著したマネジャー向けの実践的なアドバイス満載の経営書。複雑なコンセプトが分かりやすく提示されていました。とても20年以上前の著書とは思えない内容でした。「マネジャーの最も重要な責任は、部下から最高の業績を引き出すことである。」「マネジャーにできるのは、もともと動機づけのある人が活躍できる環境をつくるだけ。」

2017/05/07

Miyoshi Hirotaka

経営戦略が企業の内部リソースの優位性に気がついたのは、80年代後半。現実体験を科学者の目で体系化したこの本は当時としては先進的で今もその価値を失っていない。例えれば、何度も翻訳され、ノーベル賞受賞者にも愛読される「ろうそくの科学」のようなもの。半導体産業はインテルの創業者のムーアが予言したとおり指数関数的に成長してきた。激変に耐えるには組織を強化が鍵と見抜いた。ちなみに、著者のグローヴは、20歳の時、祖国を脱出。歴史に「もし」はないが、ソ連の侵攻がなければ、ハンガリーから世界企業が誕生した可能性もあった。

2018/12/12

赤星琢哉

インテル元CEOアンディ・グローブによる経営本。最高のアウトプットを出すための、マネジメント術がメイン。CEOだけでなくミドルマネージャーにも向けた本で、部下がいたり、組織を持っている現職の人は読むと面白いと思う。マネージャーの仕事の難しさがひしひしと伝わる。組織が大きくなる場面に出くわしたら再読してみたい一冊。今は対して組織に関わっていないけど、最後の行動指針チェックリストで「1ヶ月に一度は口実を見つけて旅に出るようにする。」だけは達成できてる気がする!

2017/03/27

Kazehikanai

マネージャーの仕事はチームのアウトプットの最大化。メンバーを動機付け、業績を上げさせる。そのためには、人材育成を自ら行い、適切な評価とフィードバックを行い、ときには退職しようとする社員を全力で引き留める。至極真っ当なことを経験に照らして実践的に解説してくれている、インテル創業メンバー、アンドリュー・グローブによる、力強いマネジメント教書。非常に多くの有力な示唆が散りばめられていた。まさにミドルマネージャーとして格闘する自分には、ドンピシャで響いた。

2019/04/30

感想・レビューをもっと見る