読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自分の顔が嫌いですか?

自分の顔が嫌いですか?

自分の顔が嫌いですか?

作家
町沢静夫
出版社
ビジネス社
発売日
2018-04-06
ISBN
9784828420219
amazonで購入する Kindle版を購入する

「自分の顔が嫌いですか?」のおすすめレビュー

『自分の顔が嫌いですか?』――自殺に至るケースも…わずかな欠点も気になってしまう“醜形恐怖”

『自分の顔が嫌いですか?』(町沢静夫/ビジネス社)

「真の美人は内面が美しい人である」という言葉はよく目にするフレーズだ。しかし、本当にそうなのだろうかと疑問を抱いている人も多いのではないだろうか。外見の美しさは内面の美しさよりも瞬時に判断しやすい。そのため、人は少しでも美しい見た目になりたいと強く願ってしまうものだ。現代はSNS上で見知らぬ人に顔を見られる機会が増えているため、特にそうした思いが強くなりがちである。

 しかし、時に心の病気につながってしまうこともある。その代表例が「醜形恐怖」だ。醜形恐怖とは、自分の外見・容姿について、他人には特に気にならないわずかな欠点にまで、とらわれてしまう精神疾患のこと。そんな醜形恐怖の症例や心のゆがみを丁寧に教えてくれるのが『自分の顔が嫌いですか?』(町沢静夫/ビジネス社)だ。

■醜形恐怖で苦しむ患者の多くは美形  醜形恐怖は正式には「身体醜形恐怖障害」と呼ばれ、患者は自分の「皮膚」や「体毛」「鼻」「歯」「目」に強いこだわりを持つ。日本ではとりわけ、「目の周辺」や「鼻」を気にし、二重まぶたであることを重視した…

2018/11/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

自分の顔が嫌いですか? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akiᵕ̈*

見た目にこだわる心のゆがみ、醜形恐怖(身体醜形障害)という病。側からみたらそこまで思う必要ないのに、と思う事でも本人にとっては大問題で何を言っても通じなく対人恐怖症もあり、うつ病を併発している率も高いという。そんな周りとの距離感がつかめず自分の思い通りに行かないことを、自身の顔や身体へと問題を置き換えてしまうことのようですが、心の内側にどんな問題を抱えているのか、その根底にあるものの見極めが重要なんだと思います。数々の症例がこの病を浮き彫りにしていて、摂食障害や強迫性障害などとの関連も興味深かったです。

2021/03/19

ぽけっとももんが

図書館新着本。醜形恐怖という言葉は知っていたけれども、なるほどこれは現代ならではの病だ。テレビを見れば美しい人ばかり出ているし、完璧を目指す人には生きにくい世の中なのかもしれない。それで悩んで家から出られなくなり、親が相談に来るケースも多いという。先日読んだ「私はすでに死んでいる」の身体同一性障害のようなものかと思っていたけれども、ちょっと違うようだ。「美人ははったりよ」と言ったのは佐々木倫子氏の初期の作品の登場人物だったけれども、そう思っているほうが、完璧な美貌を追い求めるより楽しい、と思う。

2018/07/20

PukaPuka

ケースがいろいろ載っているし、臨床場面のやりとりもあるので、面白い。最後のリハビリメイクの対談もよい。醜形恐怖は顔の静止画像にこだわりが強い、というのが一番納得したところ。そこがこの症状を選択する核心に思える。OCDやOPDとの近縁だが、本来動態的な事柄を静態的に切り取り拘泥する、という点で、共通の病理なのではないか。顔は表情の動きのあるものだし、他人の顔を見るときはまじまじとパーツを見るのでなく、全体の印象や表情で見るよね。

2020/10/08

乱読家 護る会支持!

タイトルが気になって図書館で借りたら、「醜形恐怖」の本でした。 顔やスタイルだけかと思ったら、「ペニスが小さい」という恐怖から、トイレに行けなくなった事例も。 町田さんの本は、大概同じ構成ですな。本当にそのこだわりや異常行動で困っている方には救いになるのかもしれないけど、「あの人は○○○病じゃないかしら」「私は○○○病じゃないやろか」と、私を含めて病名をつけたがる人が喜ぶだけのような気がします。 人は、課題・問題に対して「原因」を規定しないと安心しない脳の特性があるので、仕方がないのだけど、、、

2018/12/20

あけの

自分の顔はあんまり好きじゃないけどまあここまでではないなと思った

2018/06/20

感想・レビューをもっと見る