読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

決定版 日本書紀入門――2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る

決定版 日本書紀入門――2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る

決定版 日本書紀入門――2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る

作家
竹田恒泰
久野潤
出版社
ビジネス社
発売日
2019-07-02
ISBN
9784828420967
amazonで購入する Kindle版を購入する

決定版 日本書紀入門――2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Syo

決して右翼とか そういうのでは ないのだけれど。 万世一系の国で いいじゃないと 思うのですよね。 で、竹田恒泰。 過激なところも ありますが 正論だと思うのよねぇ。 古事記と日本書紀。 じっくりと…。

2019/12/09

るっぴ

日本人だったら、「日本書紀」に何が書いてあるか知っとかなきゃって思って読んだ。『日本書紀』は日本の原点なんだ。読んで良かった。

2020/07/10

shinshin2638

日本の正史たる『日本書紀』について語った本。『古事記』は歴史書とは言うが、実はあまり「学問的」ではない。その点『日本書紀』は、「一書に曰く」という書き出しで始まっており、異なる説を列挙しているのである。つまり編纂者の主観で一説に絞っていないのだ。これはかなり「学問的」である。つまり『日本書紀』は物語ではないのである。建国神話の点で「一書曰」が多く使われているのは、巷間よく言われている「権力者が都合の良い事しか書いていないから『日本書紀』は信用できない」という言説を否定する事実ではないだろうか。

2019/12/26

Honey

日本人として気にはなりつつ敷居の高かった日本書紀…その入門書ということで、素晴らしくありがたい!!! 簡潔で読みやすく、成立の背景・古事記との性格の違い、そして内容の肝が抑えられていて、最高!!! ではないでしょうか? ここまで気楽に読めて内容の濃い本というのは、初めてな気がします。 そして来年は、東京オリンピックと「日本書紀」編纂1300年記念事業の年!!!ぜひ成功させましょう♪ 拡散~

2019/09/21

Makoto Yamamoto

日本書紀に関する対談で、久野氏が前のめりになって種々の話題を振って、竹田氏が受け役をしているように受け取った。 昔々の歴史の教科書にも内容はまともに記されていなかったので、詳細は分っていない。 神武天皇から始まる最初の方は、1年を2年と数える春秋暦だったので、寿命が長いとする見解もあるとか。 最初の国史である【日本書紀】を現代語訳で一度シッカリ読んでみようと思う。

2020/08/30

感想・レビューをもっと見る