読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Michi (福音館の単行本)

Michi (福音館の単行本)

Michi (福音館の単行本)

作家
junaida
出版社
福音館書店
発売日
2018-11-14
ISBN
9784834084375
amazonで購入する

ジャンル

「Michi (福音館の単行本)」のおすすめレビュー

ヨシタケシンスケさん「大人がいうことばかりが全てじゃない」――MOE絵本屋さん大賞2019に、かこさとしさんの遺作も

 子どもから大人まで広く人気を集める「絵本」の世界。毎年たくさんの新刊絵本が登場しますが、その中からベスト30を決定する恒例の年間絵本ランキング「第12回 MOE絵本屋さん大賞2019」(協力:朝日新聞東京本社メディアビジネス局)がいよいよ発表されました。絵本月刊誌『MOE』(白泉社)が主催するこのランキングは、全国3000人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施して新刊絵本30冊をセレクト。プロの目利きが選んだ2019年のベスト絵本とはどんな顔ぶれなのでしょう。先日、東京都内で開催された贈賞式の模様とともに、受賞者の喜びの声をお届けします。

************

『MOE』編集長の門野 隆さんの挨拶から贈賞式はスタート。続いて「MOE絵本屋さん大賞」の受賞作品が発表され、白泉社の菅原弘文代表取締役社長がお祝いの言葉をおくりました。

〈月刊『MOE』門野 隆編集長のご挨拶〉 「今年も絵本屋さん、書店員の皆様に素晴らしい作品を紹介していただきました。我々が『MOE』を編集する上でも、さらに読者の方々にとっても良き道しるべとなり、と…

2020/2/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

Michi (福音館の単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美紀ちゃん

前から読んでも後ろから読んでも楽しい。 何度でもページをめくりたくなる素敵な絵✨ 文字は無いけどストーリーがある。 この世界を歩いている気持ちになる。 どの国に行こうかなって、ワクワクする。

2021/01/07

タイトルの意味が始めわからなかったけど、1ページ開いてすぐ理解しました。絵がキレイ。色んな道があって楽しい。文章無くても色んなことが想像できます。ラピュタっぽい道の絵が好きです。

2020/10/25

みどり虫

図書館のカウンターで受け取った時に、え!厚っ!と思ったら、紙の一枚一枚が厚いのね。安野光雅さんを思わせる綺麗で丁寧で細かい絵、ステキな色使い。女の子が連れてる犬、男の子が連れてる猫も毎回見つけて嬉しくなる🐕🐈真ん中のページでは笑顔がこぼれちゃうよ。最高っ(*´꒳`*)

2020/01/13

ゆのん

文字の無い絵本。騙し絵のような不思議な絵が暖かい感じと優しい感じで続く。絵は美しく絵本というよりか画集を見ている感じがする。親子で自分達だけの物語を作ったら楽しいだろう。

2018/11/16

隙あらば手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

わぁ。これも 夢のある素敵なご本 ✩⡱ お伽の国の旅の絵本を読みました。junaidaさんの紡ぐ世界は、私達の暮らす日常のすぐ隣にありそうな 親しみのある御伽の国。そーっと扉を開けば 夢がぐんぐん広がります。■大人も子供も楽しいご本♪ 絵探しをしたり、迷路遊びをしたり、物語を作ったり。色んな楽しみ方が出来ますね。■一人と一匹で旅に出たあの子が出会うのは誰でしょう? ちいさい人とお喋りしながら読みたいなぁ♡ (2018年)(→続

2020/02/23

感想・レビューをもっと見る