読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ビゴーが描いた明治の女たち (100年前シリーズ)

ビゴーが描いた明治の女たち (100年前シリーズ)

ビゴーが描いた明治の女たち (100年前シリーズ)

作家
清水勲
出版社
マール社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784837307310
amazonで購入する

ビゴーが描いた明治の女たち (100年前シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

そうたそ@吉

★★★☆☆ ビゴーは日本の女性をこよなく愛していたらしい。そのことが伝わってくるような絵の数々。外国からきて、日本の女性を好んでいたビゴーにだからこそ描ける絵であり、味わいがそこにある。風刺画で有名なビゴーであるが、本書に収録されている絵は必ずしも風刺を目的とした絵ばかりではない。有名なビゴーの風刺画の数々とは少々異なるタッチで描かれているものもあり、ビゴーの絵の幅の広さも十分に伺うことが出来る。明治という時代を当時の女性の姿から眺めるにも最適な一冊ではないだろうかと思う。

2013/08/05

印度 洋一郎

明治の日本に滞在し、草創期の日本漫画に大きな影響を与えた風刺画家ジョルジュ・ビゴーが描いた"日本女性"のポートレイトの数々を収録。リアルな肖像画やスケッチもあれば、風刺雑誌に発表したカリカチュア画、今で言う「一コマ漫画」もある。様式的な日本の錦絵やとりすました写真には見られない、活き活きとした(生々しいとも言う)女性達の姿を、少女、妻、職業婦人、妾など色々な視点で登場するのが新鮮。芸者や遊女の画が多いのは、外国人と接触する事が多い職業だったからか。一番印象的なのは「自転車で疾走する新橋芸者の図」だった。

2012/03/31

感想・レビューをもっと見る