読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ジョン・グレイ博士の「大切にされる女(わたし)」になれる本―「かわいい女」と好きな人から言われたい (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

ジョン・グレイ博士の「大切にされる女(わたし)」になれる本―「かわいい女」と好きな人から言われたい (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

ジョン・グレイ博士の「大切にされる女(わたし)」になれる本―「かわいい女」と好きな人から言われたい (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

作家
ジョン・グレイ
John Gray
大島渚
出版社
三笠書房
発売日
2004-02-01
ISBN
9784837973836
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

全世界1200万読者を持つグレイ博士のベストセラー!

ほんの少しの気遣い、ちょっとした一言で、
あなたの魅力は輝き、もっと愛される女になれる!

グレイ博士のアドバイスは、すべてのカップルに素敵な
“愛の魔法”をかけてくれるでしょう!
この本は“愛を深める習慣”と“素敵な刺激”をプレゼントします。


■目次

・1章 女が愛されるための大切なルール
    パートナーの“心の欲求”に気づいてますか

・2章 “男の脳”はこう考え、“女の脳”はこう感じている
    男と女の“すれ違い”を克服するコツ、教えます

・3章 「話を聞いてほしい気持ち」の上手な伝え方
    “男から大切にされる女性”はここに気づいている

・4章 二人の愛をさらに深める魔法のルール
    パートナーに“新鮮な刺激”をプレゼントしよう!

・5章 これだけは守りたい…男と女の“感情の法則”
    “ちょっとした一言”が信頼を育てる、共感を生む!

・6章 女らしさ、男らしさを大切にしてますか
    “男と女の違い”こそ二人の絆を強くする

・7章 男と女がうまくいく究極の“愛のステップ”
    あと一歩、パートナーの心に近づくために

■著者 ジョングレイ
アメリカの著名な心理学者。特に自己開発と人間関係論の分野で活躍。
氏が創設したウィーク・エンド・セミナー「男と女の人間関係」講座は、
全米各都市で開催され大好評を博している。
またCBSやNBC等テレビ、ラジオでホーム・カウンセラーとして絶大な信頼を得ている。

■翻訳 大島渚
映画監督。京大法学部卒業。「青春残酷物語」「日本の夜と霧」などを発表、
ヌーベルバーグの旗手として旋風を起こす。
「愛のコリーダ」「愛の亡霊」(カンヌ映画祭監督賞受賞)、
「戦場のメリークリスマス」などの国際的作品で知られる
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ジョン・グレイ博士の「大切にされる女(わたし)」になれる本―「かわいい女」と好きな人から言われたい (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

混沌

【洋の東西を問わないものだな】我が家で何度も繰り返されてきたような会話の例がいくつも出てくる。最近はさすがに夫婦で勉強して、かなり減っているとは思うが、でもまあ、まだなくはない。大島渚監督の訳者あとがきのタイトルがまさにそれ、である。「実際、この本を読むと読まないとでは、これからの人生に途方もない差がつくだろう」書き留めておきたいところ、いっぱい。お互い、愛しているはずなのに、すれ違って、うまくいかなくてイライラするカップルに絶賛おすすめ。これがたったの533円+消費税だよ。なんて安いんだ。

2018/12/21

Aster

女性について書かれているところに、時々頷きながら読んだ。これ、国は関係ないのかな?世界的ベストセラーとあるから、色んな国で共感されたわけだ。こんな事を言う(やる)と男は怒る…という部分。私でも怒る。つまるところ、感謝に思いやりだろう、と思ったのだが違うのだろうか?

2017/11/15

蓮華

パートナーとの関係が冷え始めたらとても参考になる本だけど、そうなる前に読んでおくとより良い関係が保てる本だと思う。 男女の考え方の違いにどうすれば解りあえるのか、参考になることばかり。

2018/12/10

hisa_NAO

1992年の「男は火星人、女は金星人」で、男女関係改善に一大旋風を起こした著者。 やはり、鉄板。固定化された男女差・役割感覚に、若干の古さを感じますが、それはポリティカル・コレクトネスが変化して来ただけで、男女の悩みに変わりは(それほど)無いし。紹介されている改善策は、即効で大変役立つハズ。 基本、女性向けで女性側から働きかける内容だけど、男性にも役立ちます。 「男と女が互いに何を求めているかがわかれば~新しいテクニックをマスターすれば~女性は精神的な支えを、男はパートナーの感謝を受け取れるのである。」

2018/12/27

fumikaze

昔購入した本だが、なんか今だったら題名だけで恥ずかしくて購入出来ないかも。

感想・レビューをもっと見る