読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

先崎学&中村太地 この名局を見よ! 21世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)

先崎学&中村太地 この名局を見よ!  21世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)

先崎学&中村太地 この名局を見よ! 21世紀編 (マイナビ将棋BOOKS)

作家
先崎学
中村太地
出版社
マイナビ出版
発売日
2018-11-13
ISBN
9784839967703
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

先崎学&中村太地 この名局を見よ! 21世紀編 (マイナビ将棋BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gtn

局面はさっぱり分からないので、先輩先崎と後輩たいちのトークを楽しむ。「バカ。銀が死ぬぐらいでぐちゃぐちゃ言うんじゃない」「もっと社長のような将棋を指すようにしなさい」と、大局観を先崎に教え込む師米長。結果、最後の師弟戦に先崎が勝ち、恩返しをする。「負けました」ではなく「負けた」と言い投了。弟子の成長よりも悔しさが上回る師。真の勝負師である。

2019/09/27

烟々羅

3月に購入して、三日で六割ほどつまみ食いしたあと四か月放置していた。わたしが離れているあいだに一度はやった時期があるらしい「とある」戦法について調べたいと引っ張り出してきた。「その」戦法の実戦譜の収録こそなかったが、本文中に言及されている箇所もあり、そのまままた三日かけて残りを軽く読んだ感じ。同じふたりによる対談20世紀編など、リアルタイムで知っていた棋士・時期、対局譜をみるならば年代別、棋戦別。もしくは棋士別の一冊を手に取るだろう。 離れていたあいだの雰囲気を知りたくて購入した選集である。

2019/07/29

チェアー

コンピューター将棋が強すぎてどうしようもない。

2019/04/29

感想・レビューをもっと見る