読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夢十夜 (立東舎 乙女の本棚)

夢十夜 (立東舎 乙女の本棚)

夢十夜 (立東舎 乙女の本棚)

作家
夏目漱石
しきみ
出版社
立東舎
発売日
2018-12-15
ISBN
9784845632954
amazonで購入する Kindle版を購入する

夢十夜 (立東舎 乙女の本棚) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美紀ちゃん

夏目漱石は、読みやすい。 夢十夜は有名な話で、ずっと前に読んだその印象とは全く違う本になっていて驚く。 夢十夜は、第一夜は美しいのだが、それ以外は恐ろしい印象だったが、 素敵なイラストが付き、美しい話に生まれ変わった感じ。

2021/04/08

旅するランナー

第十夜。こんな本を見た。夏目漱石先生にも、こんなに幻想的な作品があったんだ。しきみさんの絵が、しきりにマジカルミステリーツアーに誘う。からくれないの天道がのそりと上がる、死の世界を思わせる。歯噛をしつつ、米噛が釣って痛くなる。

2019/02/19

寂しがり屋の狼さん

【乙女の本棚】シリーズ5冊目は夏目漱石『夢十夜』🌃夏目漱石は読みやすくて良いですね(*^^*)挿絵は同シリーズの『猫町』と同じ『きしみ』さん✒️🐱43Pと表紙絵にもなってる53Pの挿絵が好き💓(*^.^*)

2019/11/03

ami*15

10個のシュールで妖しい夢の世界を文章から色々イメージしながら楽しみました。イラストも可愛い1冊ではあったが、この作品に関してはイラスト有りよりもない方がより自由に自分なりの「夢十夜」がイメージしやすかったかも?どの夢も奇妙で現実離れしたものばかりでしたが、とにかくひとつひとつのシーンの描き方にリアリティがあり、現実的な話ではないのに実際にその風景を見ているような不思議な感覚になりました。再読の際はイラストのない文章のみのもので読みたい。漱石作品でも特に気になっていた作品だったので、読めて良かったです。

2019/01/06

しゅてふぁん

これまではダークな印象しかなかったが、この本の挿絵が妖しげながらもカラフルで今までにない夢十夜だった。さすが夢だけあってどの話もすぱっとイキナリ終わっている。続きが知りたい夢もあれば、ここで目覚めて良かったと思える夢もあって何度読んでも飽きない作品。上手いなぁ。個人的にはダークな夢十夜が好みだけど、たまにはこんな夢十夜もいいかな。

2019/09/08

感想・レビューをもっと見る