読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏目漱石

職業・肩書き
作家
ふりがな
なつめ・そうせき

「夏目漱石」のおすすめ記事・レビュー

第18回「坊ちゃん文学賞」決定!数多の才能を輩出した歴史ある文学賞で今年大賞に輝いた作品は?

第18回「坊ちゃん文学賞」決定!数多の才能を輩出した歴史ある文学賞で今年大賞に輝いた作品は?

 2022年2月21日(月)、第18回坊っちゃん文学賞表彰式がリモートで開催され、大賞および佳作作品が表彰された。

 「坊っちゃん文学賞」とは、正岡子規を生み、夏目漱石の『坊っちゃん』に描かれた街・松山市で創設された文学賞。これまで多くの作家を輩出し、第16回にショートショートの文学賞としてリニューアルした。  リニューアルから3回目となる第18回の応募総数は6952点。今回も大きな盛り上がりを見せた。

 数多の応募作から大賞に選ばれたのは、『月光キネマ』(椿あやか)。  大賞受賞作は3月4日発売の『ダ・ヴィンチ』4月号、および松山市の坊ちゃん文学賞公式サイトで読むことができる。また松山市のサイトでは、大賞受賞作に加え佳作5作品も全文公開。  文豪の街、松山市から誕生した珠玉の作品たちを是非読んでみてほしい。

<公式サイト> http://bocchan-shortshort-matsuyama.jp

©CORA / PIXTA(ピクスタ)

全文を読む

さすが夏目漱石! 言葉に込めた真の意味「辞退の儀」/文豪のすごい言葉づかい辞典⑥

さすが夏目漱石! 言葉に込めた真の意味「辞退の儀」/文豪のすごい言葉づかい辞典⑥

夏目漱石、太宰治、三島由紀夫など、文豪の語彙を解説。手紙、メールで使えば、より気持ちが伝わりやすくなる“すごい言葉づかい"が身につきます。文豪ならではの深い教養とあわせて、絶妙な言い回しを学びましょう。

『文豪のすごい言葉づかい辞典』(山口謠司:監修/宝島社)

画/BISAI

日本を代表する文豪オブ・ザ文豪ともいうべき夏目漱石。引用は書簡『博士問題の成行』。漱石は結局、文学博士号授与を辞退した。明治44年(1911)の話。

辞退の儀

意味:へりくだって断ること。困惑しきった状態を説明すること。

よくある言い方:「お引き受けする理由も見当たらず、今回はお断りさせていただきます」

絶妙な言いまわし:「お引き受けする理由も見当たらず、今回は辞退の儀、申し上げます」

夏目漱石『博士問題の成行』より 小生は学位授与の御通知に接したる故に、辞退の儀を申し出でたのであります。それより以前に辞退する必要もなく、また辞退する能力もないものと御考えにならん事を希望致します。

さすが漱石、と感動する言葉の選び方

 現在では、他人のすすめや権利を受けず、引き下がるという意味の「辞退」です…

全文を読む

「どうしてそれを…」夏目漱石を動揺させたホームズの観察眼/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑨

「どうしてそれを…」夏目漱石を動揺させたホームズの観察眼/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑨

ロンドンで起こった奇怪な幽霊事件に巻き込まれた留学中の夏目漱石は、シャーロック・ホームズと出会う。そして事件は、さらなる重大局面へ…。

>> 次のページに続く

続きは本書でお楽しみください。

全文を読む

ロンドンで起こった不可解な騒動――プライオリティ・ロードのミイラ事件/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑧

ロンドンで起こった不可解な騒動――プライオリティ・ロードのミイラ事件/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑧

ロンドンで起こった奇怪な幽霊事件に巻き込まれた留学中の夏目漱石は、シャーロック・ホームズと出会う。そして事件は、さらなる重大局面へ…。

>> 次のページに続く

<第9回に続く>

全文を読む

「なんなんだあの人は…」“頭のおかしい”ホームズの推理/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑦

「なんなんだあの人は…」“頭のおかしい”ホームズの推理/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑦

ロンドンで起こった奇怪な幽霊事件に巻き込まれた留学中の夏目漱石は、シャーロック・ホームズと出会う。そして事件は、さらなる重大局面へ…。

>> 次のページに続く

<第8回に続く>

全文を読む

「話をじっくり聞かせてください」ホームズと夏目漱石の出会い/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑥

「話をじっくり聞かせてください」ホームズと夏目漱石の出会い/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑥

ロンドンで起こった奇怪な幽霊事件に巻き込まれた留学中の夏目漱石は、シャーロック・ホームズと出会う。そして事件は、さらなる重大局面へ…。

>> 次のページに続く

<第7回に続く>

全文を読む

「あの男は頭が普通ではない…」シャーロック・ホームズという男/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑤

「あの男は頭が普通ではない…」シャーロック・ホームズという男/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』⑤

ロンドンで起こった奇怪な幽霊事件に巻き込まれた留学中の夏目漱石は、シャーロック・ホームズと出会う。そして事件は、さらなる重大局面へ…。

>> 次のページに続く

<第6回に続く>

全文を読む

悩んだ夏目漱石はシャーロック・ホームズのもとへ/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』④

悩んだ夏目漱石はシャーロック・ホームズのもとへ/『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』④

ロンドンで起こった奇怪な幽霊事件に巻き込まれた留学中の夏目漱石は、シャーロック・ホームズと出会う。そして事件は、さらなる重大局面へ…。

>> 次のページに続く

<第5回に続く>

全文を読む

「夏目漱石」のおすすめ記事をもっと見る

「夏目漱石」のレビュー・書評をもっと見る

「夏目漱石」の本・小説

現代語で読む坊っちゃん (現代語で読む名作シリーズ)

現代語で読む坊っちゃん (現代語で読む名作シリーズ)

作家
夏目漱石
出版社
理論社
発売日
2012-11-20
ISBN
9784652080047
作品情報を見る
笑う漱石

笑う漱石

作家
南伸坊
夏目漱石
出版社
七つ森書館
発売日
2015-03-12
ISBN
9784822815264
作品情報を見る
吾輩は猫である(上) (講談社青い鳥文庫)

吾輩は猫である(上) (講談社青い鳥文庫)

作家
夏目漱石
村上 豊
出版社
講談社
発売日
1985-09-10
ISBN
9784061471825
作品情報を見る
にゃんこ天国(ごきげん文藝): 猫のエッセイアンソロジー

にゃんこ天国(ごきげん文藝): 猫のエッセイアンソロジー

作家
内田百閒
佐藤春夫
佐野洋子
保坂和志
村山由佳
吉本隆明
阿部昭
池波正太郎
石田孫太郎
伊丹十三
稲葉真弓
大佛次郎
角田光代
梶井基次郎
片山廣子
北村太郎
島尾敏雄
谷崎潤一郎
谷村志穂
徳大寺有恒
豊島与志雄
中勘助
夏目漱石
野上弥生子
野坂昭如
ハルノ宵子
町田康
宮沢賢治
村上春樹
群ようこ
森下典子
養老孟司
吉行理恵
出版社
河出書房新社
発売日
2018-09-19
ISBN
9784309027326
作品情報を見る
吾輩は猫である(英文版) - I Am a Cat

吾輩は猫である(英文版) - I Am a Cat

作家
夏目漱石
Soseki Natsume
伊藤 愛子
グレイム ウィルソン
Aiko Ito
Graeme Wilson
出版社
チャールズ・イ・タトル出版
発売日
2010-01-15
ISBN
9784805310977
作品情報を見る

「夏目漱石」人気の作品ランキングをもっと見る

「夏目漱石」の関連画像・写真

「夏目漱石」の関連画像・写真をもっと見る