読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店 (P-Vine Books)

銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店 (P-Vine Books)

銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店 (P-Vine Books)

作家
水野仁輔
G・M・ナイル 語り
出版社
スペースシャワーネットワーク
発売日
2011-09-23
ISBN
9784860204358
amazonで購入する

銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店 (P-Vine Books) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hiroki Nishizumi

ナイルもボーズも革命家であって料理なんて出来ない、とは。職場近くなので昼も夜も時々寄っているけど、そんなこんなの歴史があったのね。

2018/11/01

Levi

東京で暮らして20年になりますが、ナイルレストランを知ったのは数年前です。ナイルさんがTVやラジオにたくさん出演されていたのは知らなかったし、ナイルレストランが日本初のインド料理のレストランってのも驚きでした。(筆者のカレー番長の方を先に知っていた)一度はこちらのカレーを食べてみたいと思いました。今、ナイル商会のカレー粉を使っています。スパイシーで香り高いけど、私にはチト辛い。

2011/11/10

ナラブーシカ

「中村屋が〈恋と革命の味〉だから、ムルギランチは革命と愛の味である」だなんて水野・東京カリ〜番長・仁輔もなかなかニクい事をおっしゃいますな。 G.Mナイル氏の愛の強さと深さに元気が貰える1冊。お店紹介ではなく、ナイル氏の半生記。

2014/07/01

Hiroshi Asanuma

愛と革命の味ムルギランチが食べたくなった。

2013/10/09

オカピー

食べに行ってみよう。

2013/05/31

感想・レビューをもっと見る