読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

昭和レトロ間取り探訪 ー大大阪時代の洋風住宅デザインー

昭和レトロ間取り探訪 ー大大阪時代の洋風住宅デザインー

昭和レトロ間取り探訪 ー大大阪時代の洋風住宅デザインー

作家
橋爪紳也
出版社
青幻舎
発売日
2020-10-26
ISBN
9784861528118
amazonで購入する

昭和レトロ間取り探訪 ー大大阪時代の洋風住宅デザインー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

luckyair777

昭和一桁台の東豊中、香里園、武庫之荘、塚口など名だたる住宅地の住宅販売図面を紹介したもの。当時の文化的背景、部屋の間取り外観、値段などを記してありとても面白い。惜しかったのは、今の値段でどのくらいになるのかを書いといて欲しかった。例えば東豊中の328坪1240万円てどれぐらい?1ヶ月大阪武庫之荘の定期が8円30銭らしいけど。また少しでもいいので、現存住宅や当時/現在の写真があるとなお良かった。★★★

2021/01/20

さくは

大大阪時代の洋風住宅の間取りコレクション。大阪を母都市として電鉄会社や土地会社が郊外に開発した住宅の販売促進に用いられた案内パンフレットに掲載されている建売住宅の間取り図をそのまま紹介している。文字がつぶれて読みにくい箇所も。敷地の坪数や売値の情報もあり。和洋折衷スタイル、女中部屋、土間、サンルームやテラス、煙突と暖炉・マントルピースを持つ家も。当時のモダン住宅は現代のレトロ。

2021/04/03

はぶちえ

昭和初期のモダンレトロな間取り集。 各間取りにコメント等はなく、間取りを眺めることで、当時の住宅・生活事情に思いを馳せることができる。 折々に挟まるコラムや、チラシの表紙なども心をくすぐる。 個人的には、広いテラスと書斎兼応接室が素敵な東豊中の102号が良いです。とはいえ、今はもうないでしょうが……

2021/01/09

感想・レビューをもっと見る