読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベストセラーはもういらない

ベストセラーはもういらない

ベストセラーはもういらない

作家
秦隆司
出版社
ボイジャー
発売日
2018-12-18
ISBN
9784862398505
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベストセラーはもういらない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yuko

出版業界に纏わるエピソード、時代の変遷やニューヨークの雰囲気も楽しめる。 ジョン・オークス氏のNY Timesとのつながりや、NY Timesがどのように発展してきたかの記述もとても興味深かった。 長年旧態依然としていた出版業界が、今まさに変わろうとしていく様は、悲観ばかりではない希望が見えるような心持ちになった。

2019/04/01

qoop

親子三代でアメリカの出版業に関わってきた編集者を取材し、出版事情の変遷を追いながら現在の状況を考察、これからのあり得べき業態を探る一冊。デジタル/オンデマンドに活路を見出した経緯を聞き取りながら著者自身の思いを重ねていく。かつて「アメリカン・ブックジャム」誌の編集長を務めていた著者。熱心とは云えないながら同誌の読者だったので、ふわっとした読み心地ながらいつのまにか問題の芯に切り込んでいる著者の文章を懐かしく、一面で新鮮さを感じつつ読んだ。翻訳文学の受難期である今、またああした雑誌を読みたいな。

2019/02/04

スプリント

ORブックスよりもニューヨーク・タイムズの歴史の方に興味が惹かれた。でも返品ゼロは素晴らしい。

2019/03/31

かづ

タイトルと装丁の良さに買った本。中身はタイトル通りってよりはニューヨークを拠点とする出版業界とある出版社についての話。たぶん著者の中ではタイトルと中身が繋がってるんだと思うけど、そのあたりはわたしの教養不足。新聞、雑誌、本の編集が、アメリカでどうなされているのかを垣間見ることができたかと。著作権のあたりは面白かったなあ。

2019/12/03

Yonowaaru

タイトルに不信を抱くものの、内容としてはずっと面白いものが続いていく。秦さんの文章は本当に逸れることが多いのだけど、その分回収されて、ニューヨークの新聞・出版界隈を垣間見えた気がする。とともに、一応この本の主眼となる「ORブックス」の新しい試みも、面白く読ませてもらった。西荻窪で進められて買ってみたがよい本だった。

2020/01/31

感想・レビューをもっと見る