読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社文庫)

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社文庫)

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社文庫)

作家
J・K・ローリング
ジョン・ティファニー
ジャック・ソーン
松岡佑子
出版社
静山社
発売日
2021-07-08
ISBN
9784863896192
amazonで購入する

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部 <舞台脚本 愛蔵版> (静山社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おこめ

舞台脚本よむのは初めてだったけど、好きなハリーポッターの世界を自分で想像して読むのはとっても面白かった!この勢いで第二部も読み進める。

2021/10/18

達磨

ハリー・ポッターシリーズは全部読んでいたが、八部は舞台脚本風と聞いてこれだけは食わず嫌いで読んでいなかった。 読んでみるとなかなか面白かったが台詞回しのセンスがオッサン臭い。スコーピウスが待ってちょうだいの長太郎と言った所は目を疑った、お前本当は日本人なんじゃないのか。

2021/09/26

感想・レビューをもっと見る