読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おしどり夫婦25年やっていますが私、こっそり離婚をたくらんでいます (オレンジページムック)

おしどり夫婦25年やっていますが私、こっそり離婚をたくらんでいます (オレンジページムック)

おしどり夫婦25年やっていますが私、こっそり離婚をたくらんでいます (オレンジページムック)

作家
ふじわらかずえ
出版社
オレンジページ
発売日
2016-10-03
ISBN
9784865930887
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

結婚25年、周囲からはおしどり夫婦と呼ばれているふじわら夫妻。互いに自由業で、自宅が仕事場のため、顔を合わせることが長くて…。気がつくと互いに日々の不満がたまり、徐々にふたりの関係に影を落とすように。夫婦の小さないさかいの積み重ねから、妻が離婚へ向かって日々葛藤する様子をときにしんみりと、ときにユーモアたっぷりにお届けする実録コミックエッセイ!

「おしどり夫婦25年やっていますが私、こっそり離婚をたくらんでいます (オレンジページムック)」の関連記事

結婚25年目、“おしどり夫婦”の離婚危機!? 実録コミックエッセイ(10)「大ゲンカの末に……」【連載】

ダ・ヴィンチニュース 初登場! 『おしどり夫婦25年やっていますが 私、こっそり離婚をたくらんでいます』

結婚25年目のふじわら夫妻。 イラストレーターの妻とデザイナーの夫、 2人とも自宅を仕事場にする、自由業。

超朝型の夫と夜型の妻。生活リズムの違う2人にはケンカが絶えず。 気がついたら相手への不満がたまりにたまって爆発寸前!

都心に購入した家も夫婦関係も、重荷に感じられる日々の中、 離婚に向かって迷走する日々を描いた、実録マンガです。

<連載はこちらで終了です。続きは書籍で読むことができます!>

2019/3/25

全文を読む

結婚25年目、“おしどり夫婦”の離婚危機!? 実録コミックエッセイ(9)「次の住まいが決まらない!」【連載】

ダ・ヴィンチニュース 初登場! 『おしどり夫婦25年やっていますが 私、こっそり離婚をたくらんでいます』

結婚25年目のふじわら夫妻。 イラストレーターの妻とデザイナーの夫、 2人とも自宅を仕事場にする、自由業。

超朝型の夫と夜型の妻。生活リズムの違う2人にはケンカが絶えず。 気がついたら相手への不満がたまりにたまって爆発寸前!

都心に購入した家も夫婦関係も、重荷に感じられる日々の中、 離婚に向かって迷走する日々を描いた、実録マンガです。

<第10話に続く>

2019/3/24

全文を読む

関連記事をもっと見る

おしどり夫婦25年やっていますが私、こっそり離婚をたくらんでいます (オレンジページムック) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アコ

Kindle Unlimited:結婚して20年以上経った50代で離婚を考えたり実行する夫婦は意外といそうだけど、この夫婦は改善策あるでしょーと思ったら、浅草に3F戸建てを購入して生活空間を分けるという終わり方。こっちをメインにすれば手に取る層も増えたのでは。新宿の築50年古家をヤフオク活用でリフォームした!という著者のインテリア本を読んでいたので尚更そう思った。タイトルと中身のギャップがあるし。

2019/04/21

フクミミ

夫はDVでもアル中でもギャンブル依存でもなく、自己中でメンドクサイだけの男。 こんな夫は世の中に掃いて捨てる程いそう。確かに塵ツモでストレスが溜まるのもわかる。読んでいて結構イライラした(笑)。私の思う夫婦円満のコツはいつも一緒にいない事。お互いの気配を感じない間取りは確かに大事だなぁ。

2016/12/05

どあら

図書館で借りて読了。最初、こんな夫はやだなー!と思いながら読みましたが、自分にも悪い部分があるかもと。旦那さんにもっと優しくしてあげよう♥と思って、今日の飲み会をすんなり許しました(^w^)

2017/02/24

chatnoir

やっぱり、基本的な生活時間の違う人と暮らすのは大変。そして、相手が我儘だと本当に大変。親が田舎から出て来て2日目のお泊りを義理の息子が断るなんてありえない。奥さんが可哀そうすぎる。奥さんの生活音すら怒鳴るなら自分も音に気を付けなければならないと思う。人と一緒に生活すべき人ではないのではないかなぁ。こんな人と生活するのは嫌だなぁ。なんで踏みとどまったんだろう??

2017/08/18

ままきゃん

タイトルが衝撃でしたが、内容は「夫婦間のすれ違い」かなぁ。 長年連れ添うと、分かり合える分、気を許してしまい当たり前化してしまう。 すると今度は、小さなことが気になるというこの問題はずっと続くことでしょう。 わかる、わかる!だったり、えぇぇ、そこは譲ろうよととかいろいろツッコミながら あっという間に読めました。なんだかんだで、やっぱり夫(妻)には腹を割って話せるのが一番ですね。 我が家もお互いを尊重できる関係でいたいなぁと、心に願い読了です。

2017/02/27

感想・レビューをもっと見る