読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子!

HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子!

HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子!

作家
太田 知子
明橋大二
出版社
1万年堂出版
発売日
2018-12-07
ISBN
9784866260372
amazonで購入する

「HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子!」のおすすめレビュー

5人に1人は「ひといちばい敏感な子(HSC)」―子育てが楽になる「HSCあるある」4コママンガ集

『HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子!』(太田知子:著、明橋大二:監修/1万年堂出版)

 HSC(Highly Sensitive Child)関連の書籍が増え、HSCという存在の認知が広がってきた。この認知は、わが子が発達障害なのかもしれないと不安を抱えていた保護者に、安心感を与えている。

 いまさらながら、HSCの説明を簡単にしておく。『HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子!』(太田知子:著、明橋大二:監修/1万年堂出版)によると、HSCは「ひといちばい敏感な子」であり、この特徴をもつ子どもは5人に1人の割合でいるという。40人の学級だとすると、8人のHSCがいることとなり、それほど稀有な存在ではないことがわかる。

 何に敏感なのか。たとえば、雰囲気、人の表情、におい、音、細かい違いなど、さまざまなことによく気づく。そして、その情報に対して深く思考してから、やっと行動する。

 障がいや病気ではない。ただ、この敏感さゆえ、非HSCとは異なった言動を取ることが少なくない。感受性が強く悲しみや喜びを過度に感じたり、共…

2019/1/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

HSC子育てあるある うちの子は ひといちばい敏感な子! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

momomotokazu

https://ameblo.jp/momomotokazu/entry-12436894153.html

2019/01/31

くりっこ

漫画やイラストがたくさんで、ひといちばい敏感な子を理解するのにわかりやすかったです。自分も息子もたぶんそうで、これうちでもあったなーと思うことがたくさんありました。息子ももうすぐ中学生…どう接してあげたらいいのかなと読み始めたので、少々物足りませんでした。でもたくさん思いを聞いてあげられるように頑張ろうと思いました。

2019/01/11

なお

マンガでHSCを分かりやすく解説した本。筆者が本内容と同じ書籍を出しているが、それ以上にマンガが多く(というか、実質オールマンが)、HSCの概略を難なく理解できる。手元に置いて時折読み返すバイブルとして、HSCを育てるママパパにオススメの一冊。

2018/12/16

mikishiromoon

イラストや漫画で日常の風景を描いてあるのでとても読みやすくわかりやすい。"ひといちばい敏感な子"の特徴、接し方、良いところなど、子どもを理解するためにも、自分を認めるためにも一度読むことをお勧めしたい。自分もそうだったな、と共感することが多く、さらに弟にもピッタリと当てはまることがわかって良かった。ただ、年齢的にもう少し大人なので、今後小学生期以降のことも知りたいと思う。子育て中の親にとって、子どもを理解し受け止めてあげることの大切さを改めて感じさせてくれる本。

感想・レビューをもっと見る