KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吉祥寺うつわ処 漆芸家・棗芽清乃の事件手帖 (ことのは文庫)

吉祥寺うつわ処 漆芸家・棗芽清乃の事件手帖 (ことのは文庫)

吉祥寺うつわ処 漆芸家・棗芽清乃の事件手帖 (ことのは文庫)

作家
穂波晴野
丹地陽子
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2023-01-20
ISBN
9784867163825
amazonで購入する Kindle版を購入する

吉祥寺うつわ処 漆芸家・棗芽清乃の事件手帖 (ことのは文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

縄文土器破壊で教授に公開説教された案件の決着がつかないままに終わったのでもやっとした気分。金継ぎの話の方は好きなんだけど…。

2023/01/28

まる子

#NetGalley レビューは1/20頃に。

2022/12/03

紅羽

女子大生と陶芸家が陶芸品にまつわる事件や謎を解いていく陶芸ミステリー。研究用の美術品を破損したという濡れ衣を着せられた主人公に手を差し伸べた陶芸家の女性、清乃。彼女との出会いから広がっていく温かくて素敵な陶芸の世界。作品を通して普段使っている食器にも特別な愛着が湧いてきました。

2024/05/14

半熟タマゴ

ミステリアスな女性陶芸家とボーイッシュな女子大生という組み合わせが素晴らしい女性同士のバディもの。陶芸にまつわる悩みや謎を紐解く心温まる物語でした。後半では同居生活も始まり、距離が縮まっていく二人の関係をもっと見ていたかったです。続きも出ますように。

2023/01/22

ユウハル

読んですごくよかった。 あたたかくて優しい物語。 根底にあるのがシスターフッド、同性の絆がとても素敵でした。 吉祥寺の街並みが目の前に広がっていくように物語に没頭しました。 器はもちろん金継ぎにも興味が湧いてくる。 吉祥寺の木蓮陶房に行きたくなりました!

2023/03/03

感想・レビューをもっと見る