KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あかるい花束

あかるい花束

あかるい花束

作家
岡本真帆
出版社
ナナロク社
発売日
2024-03-28
ISBN
9784867320273
amazonで購入する

あかるい花束 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

とても良かった。表紙の色、ところどころ差し込まれた花のイラストも素敵。繰り返し味わいたい一冊。 💘「新月」と名付けた人を称えたい光らなくてもそこにあるもの💘飼い主を決して疑うことのない犬の光のまっすぐなこと💘どの道を選んでいても不安という悪魔にあうの?なんだ、よかった💘はつなつは日々が祝祭真っ白なスピンは本の中でも光る

2024/05/20

はっせー

岡本真帆さん。この方は私が短歌をハマったきっかけになってくれた本の著者である。前作『水上バス浅草行き』を読み短歌を魅力に見せられた。本作は岡本さんの第2歌集となっている!前回より緻密さや言葉の豊かさが増している気がした!どの歌も誰かに刺さるようなものになっており私も何個も心に刺さった。こういった歌集は定期的に読んで心を落ち着かせたいと思った!

2024/05/22

あや

第一歌集がとても良かったので手に取る。歌集の前半に好きな歌が多かった。お花と犬を詠んだ歌が良い。手の中に収まるサイズなのも心地良い。  フリージアラナンキュラスを左手に、マクドナルドと鍵を右手に/内側をまるごと差し出せる人に二度と会えないような気がする/忘れない 急行列車の止まらない駅は明るいままに流れて/薄明るい日々に祈りの梅仕事 光れよミラーボールのように/のぞみって呼ばれる箱で眠るからゆめまで細く柔くたなびく

2024/04/20

双海(ふたみ)

未来短歌会「陸から海へ」出身。第二歌集。池袋ジュンク堂書店で購入。著者署名入り。「好きなのに失くしてしまうピアスたち 捨てられないでいるこの指輪」「忘れない 急行電車の止まらない駅は明るいままに流れて」「紫陽花が映る水路は美しく手放したから抱きしめられる」「あなたと過ごした日々は小さな旅だった 空っぽの花器の美しいこと」第一歌集よりも今回のほうが好き。

2024/03/20

のりのり🍳ぽんこつ2𝒏𝒅

第一歌集がとても気に入ったので、この第二歌集が出た3月にサイン会に行って手に入れてしまった。一緒にお酒飲むと絶対楽しそうな人でした。ひと通り読んだところ分からない歌も多かったけど、前作同様これもまた何度か読み返すと印象が変わってくるんだろうな。東京と高知の二拠点生活を開始した頃の歌だろうか、ネット購入でお届け先指定を間違えバタバタとした空気が笑える歌も。短歌ってこんなにも自由なんだな。【いつか観た映画を深夜流すときあの日のきみが座る 隣に】独身の頃彼女の部屋で夜中に観た映画を思い出し、また観たくなったよ

2024/04/29

感想・レビューをもっと見る