読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアル

作家
鶴見済
出版社
太田出版
発売日
1993-07-01
ISBN
9784872331264
amazonで購入する

完全自殺マニュアル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蓮子

久しぶりの再読。この本を開く時はメンタル病んでる時。本書を読むと死にたい人がいっぱいいるんだなぁと何だか自分を肯定してくれるようで安心する。薬物、首吊り、飛び降り、頚動脈切り、飛び込み、ガス中毒、感電、入水、焼身、凍死、その他の自殺方法を紹介。自殺マップ付き。情報が古いのでこれだと死ねないよねっていうのもあるけれど興味深い。読んでると不思議と死ぬことが馬鹿馬鹿しく思えてくるので、そういう意味では私にとってこの本はお守り的な本なのかも。姉妹本の「自殺のコスト」も読んでみたいので探します。

2017/08/18

ナカダマサトウ

、読む必要性があったので読んだ(別にぶっそうな話ではないのでご心配なく)、鈴木成一デザイン室のお仕事が本当に素晴らしいと思う(中身がどんなに唾棄すべきものであろうと)、特に薬物の項目は実に興味深かった、この本が世に出たのは93年とある、時期的に、多分バブルがはじけたもののまだそれが一過性のものであろうと楽観視され、震災もオウムもまだ潜伏期だった、良く言えば安穏で、悪く言えばアホな頃だったと思う、向精神薬が普通に市販されている前提とかすごく時代を感じる、『バトルロワイアル』と同じくらいだっただろうか(間違っ

2015/05/12

蓮子

444冊目(今月44冊目!)に選びました。何度読んだか知れない本。鬱状態が酷い時、死にたくなる度に読んでました。薬、首吊り、飛び降り、手首・頸動脈切り、飛び込み、ガス中毒、感電、入水、焼身、凍死…自殺も選り取り見取り。自殺マップのオマケつき。データが古いので、これを見本に死ねるかどうかは別として、読んで「自殺気分」を味わうのもまた一興。読んでみて「くだらない本」と思えたらそれは健全な証拠。私は健全ではないので、これからも、度々この本のお世話になるかと思います。

2015/09/28

たきすけ

服薬、首吊り、飛び降り、焼身etcとありとあらゆる自殺方法について詳細なデータが載っている本著「完全自殺マニュアル」(1993年創刊という事もあり古いデータが目立ってきている)実際読んでみて衝撃的な一冊であり、「自殺者の為に、生きる事に疲れた人に死という選択を」というキャッチコピーから微動だにブレない視点、文体には恐怖感を覚える。しかし反面、憲法第25条や生命の大切さを謳う言葉が表裏を秘めている点を自殺者達の判例・遺書から感じたのも事実でした。ちなみに最も多い自殺の原因は昔からやはり「いじめ」のようです。

2016/07/21

流言

結論から言えば、海に車で飛び込むのが一番簡単に死ねそうだ。次点で感電か。ガソリンを飲むのも手軽だが実行難度はピンとこない。本人の環境によっても難度は変わってくるだろう。意外だったのは服毒の成功率の低さ。推理小説ではどこからともなく青酸カリが出てくることも多いが現実でそう都合よく即死級の毒物は手に入らない。通して読んでいて思ったのは、自殺にはエネルギーが要るということだ。ただ死ねばいいというものではない。後顧の憂いを断ち、確実に死ぬのは手間と覚悟がいる。自殺は最後の手段としてできるだけ回避したいものである。

2016/07/11

感想・レビューをもっと見る