読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

食育のウソとホント 捏造される「和食の伝統」

食育のウソとホント 捏造される「和食の伝統」

食育のウソとホント 捏造される「和食の伝統」

作家
魚柄仁之助
出版社
こぶし書房
発売日
2018-09-25
ISBN
9784875593447
amazonで購入する

食育のウソとホント 捏造される「和食の伝統」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鯖頭(さばあたま)

1990年代のブレイクからずっと活動してるのだから、需要はそれなりにあるのでしょう。久々に読んだら至極まっとうなことばかり。わかめ洗ってその塩を使え、なんて極端なことは書いてない。衝撃だったのは「アメリカにおける稲作の始まり秘話」というとこで、紅茶やらスパイスやら西側が力にものを言わせ食材を世界中で漁って食い尽くすって図式にうんざり。地産地消ですら贅沢。あるものをいかに食べれるようにするか、ってことにつきるようです。他レビューで文体に不快感を示されている方が多いのは意外でした。

2019/06/21

Sumiyuki

調理技術。5回作る。日本食の特徴は鮮度が落ちても味の密度が上がる食べ方。伝聞ではなく根拠が大事。昆布締め、塩蔵、乾物活用。腐るのは細菌のせい。75℃で死滅。強火で温めても、じゃがいもの中心は60℃にしかならない。弱火でじっくり温める。薄味と咀嚼。筍真薯。トロが嫌われたのは、腐りやすかったから。米が食べられなかったからコナモン文化が発達。明治維新後も日本人全員が牛肉を食べられるようになったわけではない。牛の餌は輸入品。

2018/12/06

Kuma

添加物、原産地などを気にして国産、有機、無添加無漂白の食材を使いこなせないのに買って廃棄させるより、安くても使いこなして食べ続けることが大切。 筆者特有の口語が不快。〜でしょか、ありまっせんとか。バッタを倒しにアフリカへのMr.前野の口調はすごく好きだったのに合う合わないってあるんだなと。

2019/02/01

ミノムシlove

思っていたのとは違った。以前新聞の投書欄で目にした70代男性の主張。『朝食に味噌汁すら作らない“母”(←これ大事)親の堕落たるや。子どもは温かい味噌汁の温もり云々…後略』働く母親はもし味噌汁が残ったらどうすりゃいい?移し替え・中身の入ったままの鍋等々、目に見えない心の負担を大上段から一刀両断する【食育】ファシズム。その胡散臭さをぶった切ってくれるのか、と期待したらそうではなかった。魚柄さんの本は以前読んで目からウロコ的な印象もあったのだが、今回は少し物足りない読後感でした。

2019/01/08

バーベナ

伝統的な日本食って?本当は何を食べていたの?伝統と言っても明治以降。一家団欒も、寒くて暗くて娯楽がなかったから、炬燵のある部屋に集まっていただけ?!とか、幻想ではなく事実を正視しようという姿勢で書かれていて、目から鱗。

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る