読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ポケット詩集〈3〉

ポケット詩集〈3〉

ポケット詩集〈3〉

作家
田中和雄
出版社
童話屋
発売日
2004-10-01
ISBN
9784887470484
amazonで購入する

ポケット詩集〈3〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

黒猫

仕事の合間、帰りの電車で読了しました。いろんな歌人、作家さんの詩が読める詩集は貴重です。やはり中原中也の詩が良かった。「頑是ない歌」というのが良い。少年の頃に抱いた思いを「汽笛」になぞらえ、今を生きないといけないけど、生きることでどんどん遠くなる汽笛の湯気。現実と昔の記憶を思い起こさせる名作です。中原中也詩集を引っ張り出してきて読もう。あとは、江國香織さんの詩が良い。「父に」という詩である。泣ける。昔の人の詩が輝くなかで江國香織さんの詩が違う光を放っている。もう一回読み直す!

2019/02/13

もぐら

不思議と目が滑る詩もあれば何回も何回も頭から読んで味わいたくなる詩もある。私の中にその言葉をキャッチするアンテナが立ってるんでしょうね。子供の頃好きだと思った詩で、今も好きならそれは私の根本でずっと求めているテーマなんだろうし、今は分からなくても歳を取ってからアンテナが立ってキャッチできるようになる事もあるんでしょう。でも今、何を一番好きかという事が大事なんだと思います。「まんきい」で泣いてしまった自分に引いたけど、うさきを超えるものはなかったな〜笑

2018/09/29

rakim

読了とは言いたくない。また折に触れ、思い出してはページをめくるのでしょうから。読者の立場やそのときの心情、年代によって響いてくることばは違うのだと実感します。得たモノと失ったモノを愛おしむのです。時代を超えられる詞。

2017/07/10

ひがし

 「ポケット詩集」三作目。今回も素晴らしかったです。こうやって詩集を読んでいると改めて「日本人で良かったなぁ……」と思わされます。

2013/07/27

かつみす

シリーズ最後の3冊目。ちょっと息切れしてきたかと思えるほど、アンテナに引っかかる作品になかなか出会えなかったけど、中頃あたりから良いものが続々。文語が混じる日本語の美しさーー三好達治「乳母車」。ユーモアと共にたどられる男女の歩みーー天野忠「しずかな夫婦」。後ろを振り返ってばかりの自分へのため息ーー中原中也「頑是ない歌」。ガジェット好きの現代人へのお説教ーー茨木のり子「時代おくれ」。死にゆく親への愛と距離感ーー江國香織「父に」。〈最後〉から逆算しないことで分かる人生の豊かさーー寺山修司「幸福が遠すぎたら」。

2017/02/14

感想・レビューをもっと見る