読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

精神病院と社会のはざまで

精神病院と社会のはざまで

精神病院と社会のはざまで

作家
フェリックス・ガタリ
F´elix Guattari
杉村昌昭
出版社
水声社
発売日
2012-08-22
ISBN
9784891769161
amazonで購入する

精神病院と社会のはざまで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きつね

精神病院の在り方を根底から問い直したラボルドの実践について、ガタリが記した「自伝」と、ギリシャの劣悪な精神病院を視察しにいった「日記」の二つのテクスト。つけたり、周辺人物による解説や回想録、弔辞。適度に短いので入門にオススメ。個人的には、「反精神医学」とラカン、この二つに対するガタリの是々非々の批判的態度がイメージしやすくなってよかったです。物足りない人はフランソワ・ドッスの『交差的評伝』を併せてどうぞ。関連資料:映画『すべての些細な事柄』、写真集『ソローニュの森』

2012/10/11

   ぬ

何より、ギリシャのレロス島の精神病院の写真が印象深い(入院する人々が帯びた「群れ」じみた相貌、入院していると思われる人と肩を組んでいるガタリの漲っている顔)。ガタリがラボルドでどんなことをしていたのかについて、マリー・ドュピュセが回想文で触れていて面白かった(「自動車を修理するグループを作ろうじゃないか」と言いだすガタリ)。訳者あとがきで紹介されていた、自殺しそうだったドュピュセをガタリが笑わせた話も(「『君は死にたいようだね。それじゃあ言ってやるが、くたばっちまえよ』これには、笑っちゃったんですよ」)。

2014/01/22

のい

ガタリとジャン・ウリとの出会いが、ウリ目線で記載されていて、始原について詳しく知れます。また、個人的に、「産業化社会と家族状況の中で疎外されて折出してくる現代の狂気の特質を強調し、反精神医学の旗手とみなされるようになったR.Dレインやデビッド・クーパー」について、家族内の紛争の帰結というような、一種の還元主義的な観念に信任を与えたことや、理論的な側面に依拠しており、新たな発見をしたにも関わらず、状況を変えるための具体的提案に結びつかなかったなど、批判的に語られているところが、勉強になりました。

2017/02/09

wanted-wombat

ガタリ自身によるテクストと、他の人たちによる紹介が半々ぐらい。ガタリのテクストは、彼が目の当たりにした光景がリアルに感じられて、かなり揺さぶられる。そんなに昔の話でもないのがショック。

2013/11/01

感想・レビューをもっと見る