読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ばらばら(CD付)

ばらばら(CD付)

ばらばら(CD付)

作家
星野源
平野太呂
出版社
リトル・モア
発売日
2007-04-26
ISBN
9784898152119
amazonで購入する

ばらばら(CD付) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃかちん(積読44)

うぅぅぅー、うわぁぁぁ、なんていう事でしょう❢源ちゃんの詞が絵本のように楽しめ、しかも声を聴きながら味わえるとは❢こんな贅沢、即買いして良かったよぅ♡源ちゃんの影響で「ばらばら」っていう言葉が好きになったの。今みたいな歌い方も好きだけどこの頃の弱々しい〜自信なさげ〜な歌い方も愛してる。本人のあとがき、「これは本なのかしら、CDなのかしら。うーん。一体どっちだろう」9年前から彼は、彼の素はなんも変わってない。それが凄いと思う。私が彼を嫌いになる時は彼が星野源の素を手放した時だな。

2016/11/17

すがやん

ブックレット付CD?CD付写真集?ジャンルはわからないが、ばらばらのものを一つにして、感じ方を変えるって面白い。元は星野源の初期弾き語り音源目当ての購入だが、音楽聴きながら、夕陽のかかる部屋でボケーッ写真と歌詞を見る。なんだか力が抜けて気持ちいい。アコギもいいなぁ~

2017/01/18

九鳥

買って満足してしまい、CDの封すら開けてなかったことに気づき、聴きながら読む。SAKEROCKはインストバンドのままであって欲しいと思うけど、星野くんの真面目で穏やかな歌声も素敵。「穴を掘る」「選手」「ばかのうた」詩と写真と歌と。暗いうちに起きだして一人ぼっちで外を出歩くような、清浄で静寂で、わくわくしながら、同時に少しものさびしさを感じる世界。

2009/08/05

かめぴ

二版が2017年2月1日だが初版は2007年、10年前の本かぁ。本といって良いのかフォトブック、CD付きで即買い。信じられないくらいに良い。インストバンドの曲が最高に好きで、聞きながら浸る。「ばらばら」って言葉がこんなに優しいものだとは、知らなかった。

2017/02/03

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《書店》星野さん、大丈夫なのかな。私の亡くなった旦那さんと同じ病気だから、気になってます。

2012/12/29

感想・レビューをもっと見る